バイオハザード好き夫婦がセルコホームで洋館を建てる

インドア趣味な夫婦の家づくりブログです。時々別なことも書きます。

タグ:基礎工事

こんばんは!
セルコホームで注文住宅を建築中の梅尾家 夫です。
ようこそおいでくださいました!

初めての方はこちらからどうぞ!








現況報告

土曜日も現場に行ってきました。
現場監督さんからは設備業者が1時間ほど作業する予定と聞いていたので、誰もいないかな~と思いながら到着。


すると軽トラが1台停まっていましたが、敷地内には誰もいません。
車を停めて軽トラを覗いてみると、おじさんが熟睡していました笑
ちょうどお昼時だったし休憩中かなと思い、起こしませんでした

現場の柵はまだ完全には閉まっていなかったので、ちょっと失礼して写真だけ撮らせてもらいました。
…いいよね?自分の土地だし…笑


01

02

03

先日私が行った時に掘っていた配管の溝は埋められており、玄関ポーチの型枠も外されていました。
立水栓ができるところにも配管が出ていました
もう少し寄ってみましょう。


04

玄関ポーチです。
手前の両脇の部分は柱が立つところですね。

05

赤枠の窪んだところは、おそらく郵便ポスト/宅配ボックスのボビカーゴを立てるところです。
当初はポーチ外に立つ予定でしたが、物を取り出す時に外まで行くのが面倒だし、ボビカーゴ自体も風雨で錆びると嫌なので、屋根のある玄関ポーチ内に設置して貰えるようにお願いしました。


ポスト 宅配ボックス 一戸建て用 bobi Cargo ボビカーゴ ボビラウンドセット セキスイデザインワークス 宅配ポスト 独立ポール建て 郵便ポスト 鍵付き 郵便受け ボビポスト bobi ポスト 北欧 おしゃれ 前入れ前出し 防滴
ポスト 宅配ボックス 一戸建て用 bobi Cargo ボビカーゴ ボビラウンドセット セキスイデザインワークス 宅配ポスト 独立ポール建て 郵便ポスト 鍵付き 郵便受け ボビポスト bobi ポスト 北欧 おしゃれ 前入れ前出し 防滴


06

色分けするとこんな感じですね。
玄関入って左に土間収納/シューズクロークがあり、奥の方にトイレ浴室があります。
間取りの記事でもう少し詳しく書いていきたいと思います。


07

LDK側です。

08

色分けするとこんな感じ。
LDKで17.5畳なのでそんなに広くはないです。


09

ここがクイーンアンの塔の部分です。
塔屋と言います。

DSC_1404

上の写真はモデルハウスですが、真ん中の白い多角形の塔のことですね。

10

ここは1階も2階も書斎的な感じです。
造作のカウンター本棚を作ってもらい、1階は共有PCスペースとして、2階は趣味部屋として使用する予定です。
その奥に階段納戸があります。


おじさんは最後まで起きなかったので、そのまま起こさずに失礼しました笑



さて前回は、気になるHM・工務店に資料請求を行いました。





今度は実際に見学打ち合わせをしていきたいと思います。
まずは一番気になっているセルコホームからです。
今回は内覧会ばりに画像多めで行きます!




担当Aさんからのお誘い

2020年3月です。
先日請求した資料を読み(ざっくりした内容はこちらと同じです)、実例集の美しい輸入住宅を見て夫婦二人ですげぇなぁ~とため息をついていたところ、追加でDMと担当Aさんからメールが届きました。


M県S市の郊外で完成見学会があるということでした。
また近くに輸入家具が配置されている建売住宅もあり、そちらも見学出来るとのこと。
しかし新型コロナが流行りだしていた頃であり、1歳児妊婦がいるので迷いました。
今にして思えば、当時はまだ全然安全でしたけどね…

そんなわけでその週末の見学会参加は見送りました…。




が!


そんなメールを送られたら逆に気になっちゃうじゃないすか!
やだーーーー!




と言うわけで、妻と話し合いました。
イベントではなく、日時を予約した展示場見学ならそんなに多くの人とも会わなくて済むかも!と思い、翌週改めて担当Aさんにメールを送りました。


やはりセルコホーム側も、1-2組だけの見学になるように予約枠を作って感染対策を行っているとのこと。
3月下旬に展示場へ見学に行くことになりました。
今度は「遊び」じゃあないぜ!




いざセルコホーム展示場へ!

偶然にも担当Aさんの所属する展示場が、私たちが観覧車の上から見つけた展示場だったので、そこを予約できました。
ジョジョ4部で言うと、M県S市杜王町の港である杜王港辺りにあるので、杜王港展示場と言うことにしましょう。

※今回載せる画像は別日に改めて撮らせてもらいました。打ち合わせ中に撮影しない痛恨のミス!
 担当Aさんからも掲載許可はいただいているので大丈夫だと思うのですが…。


DSC_1326

DSC_1404


よう…5ヶ月振りだな…。


DSC_1407

やはりこの暗めのレンガ白い装飾"グンバツ"に映えます!
一つ一つ焼きムラがあって「味」があります。
中に入ってみましょう!


DSC_1328

大きなセルコベアが出迎えてくれました。
小さな子はうちにもやってきました笑

ちなみに以前も書きましたが、フローリングは標準仕様無垢材となっています。




ダイニング・リビング・小上がり和室

DSC_1335

そこに広がっていたのは「非日常」でした。
洋風瀟洒(しょうしゃ)なインテリアが、心を浮き立たせます。

しゅ、しゅごい…
これが「日常」になったらいいよなぁ…。


まずは説明を受けながら一通り見せてもらいます。


DSC_1337

ダイニングの上は吹き抜けで、シャンデリア
扇形になった柵もオシャレですねぇ。


DSC_1338

リビングです。
家具も輸入品で、提携しているアシュレイのものです。
輸入家具なのでどっしりと大きめです。


DSC_1339

ソファ側から。
テレビの下のマントルピースがまたオシャレですねぇ


DSC_1342

リビングのテレビの裏には小上がりの和室が。
当初、輸入住宅だから和室は出来ないのかと思い込んでいましたが問題なく出来るようです。
掘りごたつにもなっていて、恐れ入ります。


DSC_1341

小上がりへ上がる段の下にはロボット掃除機の基地が。
なかなかいいアイデアですね!
2枚上のソファ側からの写真にもチラッと写っています笑




キッチン・ユーティリティ

DSC_1345

お次はキッチンです。
既に何か違うオーラが出ています。


DSC_1346

こちらのペンダントライトもキラキラゴージャスです
ワークトップは人工大理石でしょうか。


DSC_1348

標準仕様メリットキッチンです。
框扉が美しいですね。
レンジフードの存在感がすごいです笑
おまけにドイツ製食洗機ミーレ様まで鎮座しております。


DSC_1349

冷蔵庫も海外っぽい!
蓋のところからが出てくるそうです。


DSC_1353

キッチン奥のR垂れ壁の向こうは、ユーティリティ
以前は「家事室」って名前も使われていましたが最近は使われません。
だいたい奥様の作業台であることが多いのですが、今の時代奥様が家事をするものという風潮が間違っていると。時代遅れであると、そういうわけですね。
ここのユーティリティも、家事をする場所というよりは奥様の趣味のための場所のようでした。
キッチンの奥にあるって時点で…って意見もありそうですが、まぁそれは置いといて


このアクセントクロスはなかなか勇気あるチョイスですよね。
妻はこれが大層気に入ったそうで、丸パクリしました笑
ちなみにここ、塔屋の内部です。
そして玄関からもエントランスクロークを通じて繋がっています。




水回り、そして2階へ…

DSC_1331

1階のトイレです。
トイレの中までオシャレを忘れません。
アクセントクロス造作手洗いです。


DSC_1398

洗面所です。
洗面台は造作のダブルボウル
もう何から何までオシャレですね!笑


DSC_1360

1階は一通り見せてもらったので、次は2階です。




今回はここまで。
写真もいっぱい記事も長くなったので2回に分けます。
2回で終われば良いけど笑


実際のところ、人を選ぶHMだとは思います。
刺さる人にはめっちゃ刺さるのではないかなと思います。
特に奥様はうっとりだと思います。
うちは夫婦そろってうっとりしてましたが笑
1歳の娘は大きなソファに寝転がってご満悦でした笑

この感じがハマる人は、ぜひセルコホームも選択肢に入れて検討していただきたいです!
次回は2階小屋裏を紹介させていただきます。
ではまた!




最後まで読んでいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら下のボタンを押していただけると励みになります!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


Twitterもよろしくお願いします!


 




次回へ続く⇒

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは!
セルコホーム🐻で注文住宅を建築中の梅尾(ばいお)です。
ようこそおいでくださいました!

初めての方はコチラからどうぞ!








続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんは!
セルコホームで注文住宅を建築中の梅尾家 夫です。
ようこそおいでくださいました!

初めての方はこちらからどうぞ!








現況報告

先日現場監督さんから、基礎のコンクリートが乾いたので型枠を外したとの連絡がありました。
さらに基礎内部に砕石を敷く作業まで行ったとのことでした。

20210329_201529

20210329_201531



白いコンクリートが眩しいですねぇ~
仕事で全然見に行けていないので、早く実際に見てみたいですね!



今週は基礎内部・玄関ポーチなどの土間部分のコンクリートの流し込みを行い、基礎工事完了する予定とのこと。
その後は建物周り、建物内部の給排水の配管作業を行う予定だそう。


昨日の日中に、妻が差し入れを持って様子を見に行ってきてくれました。
前回行った時は2人で作業していたので、今日はペットボトルのお茶2本小さなお菓子を数個持って行ったそうですが、なんと4~5人いて少し気まずかったとのことです
あらかじめ監督さんに人数聞いておけば良かったですね

1616989500650~2

1616989500578~2



今週の土曜には私も行って挨拶しておきたいところです。
また空振りだったらどうしよう




さて前回は我が家のFP探しについて書きました。





今回は、実際にFPさんに会いに行ってきた時のことについて書きたいと思います。



まずはメールしてみよう

前回に引き続き、2020年2月のことです。
「日本FP協会」のホームページから我が家に合いそうなFPさんを探して、アポを取ることに決めました。
そのFPさんのホームページを見てると、個人で事務所を開業している専業・独立系FPのようで、うちからもそんなに遠くない場所です。


気になる料金は、ライフプラン作成で30,000円住宅ローン診断30,000円(ライフプラン作成込み)などと書いてあります。
他のFP事務所のホームページも見てみましたが、有料のところはだいたい同じくらいで数万円でした。
FPへの相談なんて初めてであり、実際どんな感じで料金がかかってくるのかわからないので、メールで聞こうかとも考えていました。



前回も書いたように、私はコミュ障の気があるので電話ではなくメールフォームからメールを送りました。


初めまして、梅尾と申します。
住宅購入を検討しているのですが、それにむけてライフプラン作成や住宅ローンについて相談させていただきたく連絡しました。
ご返信よろしくお願いします。


こんな感じです。
するとすぐに自動返信があり、内容を確認して別途担当者より連絡すると書いてありました。



明日にでも返信がくればいいな~と思っていましたが、当日のうちに連絡が来ました。
予想以上に早くて少し驚きましたが、連絡は早いに越したことはありません。


返信メールには、一度会って詳しい話を聞かせて欲しいということで、都合の良い日時をいくつか教えてくださいと書いてありました。
なんと土日祝平日夜間でも対応できるというのです。
個人経営だからか、フレキシブルに対応してくれるのはありがたいです。



日程調整をし、その週末の日曜日10時に事務所を訪れることになりました。
準備するものについても聞いたところ、契約している保険証券投資商品の明細直近の年金定期便を持ってくるように言われました。


料金は、ライフプランを作成することになったら30,000円で、その後の修正などは追加料金なくやっていただけるとのこと。
追加料金がないのもありがたいですね。




いざFPさんの事務所へ

事務所は小さめのオフィスビルの1室でした。
1人でやっているので、小さくまとまった事務所でしたね。

FPさんは50代の男性で、物腰の柔らかそうな方でした。
絶賛人見知り中だった当時1歳の娘がそこまで怖がらず、事務所内を歩き回るほどでしたからね
あとは本棚に阪神タイガース関連の書籍が並んでいました笑



まずはヒアリングですね。
その場では簡単に家族構成(8月に第二子誕生予定でした)、職業年収、現在の保険投資の状況について確認されました。
上記の準備した書類のコピーを渡して、詳しくはこの後にメールでヒアリングシートを送るのでそれを記入して返送してくださいとのことでした。


それとライフプラン作成についての説明です。
ヒアリングシートを返送した後、ラフ案を作成してもらい、それを元に打ち合わせして修正していきライフプランを作成していくとのこと。
さらに今後の状況によって随時修正していきましょう、とのことでした。


あとは雑談ですね。
雑談とはいえ、家を建てる地域はこの辺りがおすすめですよ~とか、家づくりについてのアドバイスをもらったりしました。



そんな感じで、初回の面談は1時間ほどで終わりました。
その1時間後くらいに、ヒアリングシートが添付されたメールが届きました。




ヒアリングシート

ヒアリングシートはエクセルで作られており、内容を埋めていく形でした。
わかる範囲で良いので記入していってくださいとのことでした。
これは一例ですが、だいたいどこのFPさんでもこのようなヒアリングシートを書かされるのではないかと思います。


①家族のプロフィール
まずは家族の名前、生年月日。これは既に書き込まれていました。
第二子の分も書かれていました。
年金計算の際に必要となるため、入籍した日も書きます。



②収入について
続いて世帯の収入について書いていきます。
夫・妻のそれぞれの収入を細かく記入し、その他の収入(副業など)についても記入していきます。

ヒアリングシート①



③支出と貯蓄について
現在の生活費貯金を記入します。
さらに継続的/一時的な支出(保険積立金車検費用など)も記入していきます。

ヒアリングシート②



④住まいについて
今度は現在の住まいの状況について、家賃とかですね。
既に住宅ローンを組んでいる人はそれも書きます。
そして今後の住宅取得予定について、時期予算自己資金などですね。
利用する住宅ローンが決まっている場合はそれも記入します。

ヒアリングシート③
ヒアリングシート④



⑤子供について
子供の今後の教育進路結婚資金住宅取得資金の援助について記入します。
この辺難しいですよね~。
できれば全部国公立で行って欲しいところですが…笑

ヒアリングシート⑤



⑥世帯主に万一の場合の備えについて
ここは保険とかに関してですね。
なかなか考えたくないことではありますが、大事なことです。

ヒアリングシート⑥



⑦セカンドライフの計画について
定年後の生活についてですね。
保険会社の個人年金企業年金iDeCo(個人型確定拠出年金)などについてもこちらで記入します。

ヒアリングシート⑦


正直なところざっくりとしか書けませんでした。
家の予算書けと言われても、それについて相談したくて来てる訳だし…笑
それでも、わかる範囲で記入して返送しました。




その後

その後はラフ案を作ってもらい、2週間後くらいに再度打ち合わせ。
相談しながら修正していきます。
その1ヶ月後に、最初のライフプランが届きました。

それをじっくり見ているうちに、妻は第二子出産のために里帰りしてしまい、さらにコロナも本格的に流行しだして、家づくりは一旦中断となります。


そして第二子出産後、9月から家づくりを本格的に再開。
10月に再度FPさんに連絡しました。
それまでに生命保険を見直したりiDeCoを始めたりと、家計の状況も変わっていたので再度ヒアリングシートを送ってライフプランの修正をしてもらいました。


その後も、住宅ローンを本格的に検討するときに相談に乗ってもらいました。
このことはまた後日書きたいと思います。
時系列順に書いているのでもう少し先になると思いますが…。



そして現在
もう住宅ローンの申し込みも終わって着工しているので、またそろそろライフプランの修正をしてもらわなければなりませんね~。
なかなか先延ばしになってしまってますが…笑



結論としては、良いFPさんと出会えたのではないかと思います。
これまで数回の打ち合わせの中で、一度も保険などの勧誘は受けていません
30,000円でここまでやっていただけるので、相談してよかったと思いました。
そのFPによっても違うことはあるとは思いますが、独立系FPをしっかり選べば親身になって相談に乗ってくれます。
家づくりを始める前には絶対に相談した方がいいと思います。




ちなみに結局のところ、借入額は当初よりも上がりました
当初の借入額は5000万で考えていました(うち土地代2000万ほど)。
二世帯住宅を考えていたので、母からの援助として1000万。計6000万

しかし二世帯住宅を解消したことで、援助も遠慮しました(この辺も大変だった~笑)。
いろいろとこだわりを盛り込んだ結果、二世帯住宅解消したハズなのに見積もりは下がらず…額を上げて6000万借入れすることとなりました
それでも【第26話】で書いたように年収の7倍以内にはなんとか収まりました。
収まったけれども、なかなかの額ではあるので頑張って働かないといけないですね
FIREに憧れたりもしますが…笑




さて今回はこの辺で。
次回からはいよいよ本格的に家づくり計画始動していきます!
本やらブログやら読んだ結果、かつてのようにいきなり住宅展示場に突撃するのは良くないらしいので、まずは気になるところに資料請求をしてみることにしました。
その模様をお伝えしていきたいと思います。
ではまた!




最後まで読んでいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら下のボタンを押していただけると励みになります!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


Twitterもよろしくお願いします!


 




次回へ続く⇒
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ