バイオハザード好き夫婦がセルコホームで洋館を建てる

インドア趣味な夫婦の家づくりブログです。時々別なことも書きます。

タグ:二世帯住宅

こんにちは!
セルコホームで注文住宅を建てた梅尾(ばいお)家 夫です。
ようこそおいでくださいました!

初めての方はコチラからどうぞ!



時系列順に読むならコチラからどうぞ!



編別に読むならコチラからどうぞ!








今やっているゲーム

2021年8月20日、「Ghost of Tsushima」ディレクターズカット版が発売となりました✨
既存のシナリオに加えて、新しいシナリオとマップも追加されています。
「Ghost of Tsushima」は元寇対馬での戦いを描いたゲームですが、隣の島である壱岐にも蒙古軍は襲来しており、そこでのシナリオ「壱岐之譚」が追加となっています。



今の時代はすごいもので、既に無印の「Ghost of Tsushima」をダウンロードしている場合は、ディレクターズカット版に有料アップデートすることが出来ます。
またPS4版からPS5版にも引き継ぐことも出来ます💡



そんなわけで、まだ家の片づけももう少し残っているにも拘わらず、夜な夜なプレイしています😂
ブログも書かなければならないし、忙しい忙しい!笑



おかげで寝不足ですよ笑
子供達がもう少し早く寝てくれればいいのですがねぇ😂




PS4やPS5を持っていて、18歳以上の方はぜひプレイしてみて欲しいですね🤗
グロ耐性は必要かと思いますが😅


【PS4】Ghost of Tsushima Director's Cut
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2021-08-20

【PS5】Ghost of Tsushima Director's Cut
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2021-08-20


Ghost of Tsushima Director's Cut PS4版
Ghost of Tsushima Director's Cut PS4版
Ghost of Tsushima Director's Cut PS5版
Ghost of Tsushima Director's Cut PS5版



さて前回はWEB内覧会その①でしたが、今回は家づくりの話の続きを書いていきたいと思います。





と思ったら、間に企画記事が挟まっちゃいましたね😂





コチラの話の続きとなります。




第53話では積水ハウスをお断りして、セルコホームに二世帯住宅を解消することを伝えました。
今回はセルコホームとの打ち合わせと、土地契約のお話です。
10月11日のことです。



二級建築士Tさんとの出会い

その日は15時から土地契約の予定だったので、不動産屋さんの近くの展示場での打ち合わせとなりました。
ここは初めて来たところだったので、また一通り見せてもらいました💡



外観はラップサイディングです。
レンガも格好いいですが、これはこれで格好いい!
サーファーズハウスにも使われていますね✨


あと特徴的なところは…寝室の奥に造作洗面所があって、さらにロフトもありました💡
ロフトへの階段がかなり急で、少し怖かったですが😂




そして打ち合わせ部屋に通されると、担当Aさんと共にちょいワルダンディーな方がいらっしゃいました。
年齢は40代くらいでしょうか💡
この方こそ、杜王港展示場のモデルハウスを設計した二級建築士、Tさんです!
最初の方に、Aさんに杜王港展示場のような家がいいです!と言ったら手配してくれたのです!
ありがたや~😭









はぁ~…この方があの格好いいモデルハウスを設計したのねぇ…✨
名刺には「二級建築士」とあります。




ところで「一級建築士」が建てた家!みたいな売り文句はよく聞きますよね。
一級があるなら二級もあるのでしょうが、どう違うの?🤔
よくわからないけど、一級の方が凄いんじゃあないの!?



そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました
 出典:バキ コミックス25巻より




調べてみると、一級建築士は設計できる建築物に制限がないのに対して、二級建築士は簡単に言えば戸建住宅程度を超える建築物は設計できないとのことです。
これだけ見ると、やっぱり一級の方が凄いのでは?と少し思ってしまいますが、逆に言えば二級建築士は戸建を専門に設計しているとも言えるのです✨


一級建築士は主に公共施設や商業施設など大きな建築物を手がけますが、住宅を設計するには二級建築士の資格で十分なのです💡
何が言いたいかというと、家づくりにおいては一級・二級の違いはなく、どちらが優れているという訳ではない!ということです🤗
普段乗用車しか乗らない人に大型免許が必要ないのと同じことですね💡




閑話休題。
まずはお二人に謝らなければなりません😅
当初は二世帯住宅を検討していたのが、解消することになったからです。



「せっかく二世帯住宅でプラン作ってもらっていたのに、二世帯住宅じゃなくなってしまってスミマセン💦」

Aさん「いえいえ、お気になさらず!家が出来て住んでから後悔するより全然良いですよ~!」

Tさん「そうですね。改めて梅尾さんご夫婦の希望する家を考えていきましょう!」



今日は改めてヒアリングです。
と、その前に。
せっかく作ってもらっていた、二世帯住宅4thプランを見せてもらいました💡



4th平面図①

まずは1階
西側が親世帯東側が子世帯に変更となっています💡
結構収納は多そうですね。
塔屋も東側に来ています。



4th平面図②

続いて2階
またバルコニーがある…笑
1階はそれなりに収納ありましたが、リビング周りは相変わらず収納が少ないですねぇ…💨
バルコニーの代わりに収納を作りたいところですが、容積率もいっぱいなのかもしれません。
あ、図はないですが小屋裏もあるようですね💡


あとはやはり、回遊動線は作れないみたいですね。
浴室からトイレに行くのにグルッと回らなければなりません💨


先日事情があって仕事から帰って風呂に直行したことがありましたが、やはり回遊出来た方がいいですよ!
上の図のように必ずLDKを通らなければならないとなると、すぐに身体を洗いたいのに子供達が寄ってきてしまいますからね~💨



いや~、やっぱり二世帯住宅は厳しいですね💨
二世帯住宅解消して良かった~!




さて本題のヒアリングです。
と言っても、要望は以前から変わっていません
新居の要望は、以前の記事をご参照ください💡



二世帯住宅ではこれらの要望もある程度諦めなければなりませんでしたが、単世帯の住宅で建ぺい率/容積率の縛りが緩くなれば、実現出来る可能性は高くなります
予算が問題なければ、ですが😂




ちなみにこの記事を書くにあたって要望編の記事を読み返してみたのですが、ほぼ実現出来ていました😊
心から、二世帯住宅解消して良かった~!!




二世帯住宅を解消出来て晴々とした気分で、ヒアリングは終始和やかな雰囲気で進みました。
建築士Tさんは、これらの要望を元に改めてプランを作成してくれるとのことでした✨
しかも1週間後の打ち合わせまでに作ってくれるというのです!



凄いなぁ…やっぱりちょっと申し訳ないけど…😂

改めてよろしくお願いします!




そんな感じで、今回の打ち合わせは軽めに終了
今日はこの後が本番です!
不動産屋の店舗で、土地の契約です✨



いよいよこの時が来ましたね…!
担当Aさんも同席してくれるとのことでした💡


ちなみにこの時、まだ積水ハウスお断りは入れていませんでした😅
既にセルコホームに傾いていましたので…Aさんの申し出も断る理由がないのです😂
Aさんも、この客は取れる!と逃がさないように必死だったと思いますが…笑




いよいよ土地契約!

展示場から不動産屋の店舗までは本当に近くて、徒歩で行けるくらいの距離でした💡
15時からの予定でしたが、余裕をもって10分前くらいには到着しました。



そういえば土地探し編の記事から結構時間経ってしまいましたね!
紆余曲折あった土地探し編はコチラからどうぞ!


購入する土地は、80坪2080万円の土地。

土地イラスト





土地購入を決めたときの記事はコチラです。






不動産屋に到着すると、営業Yさんが待っていました。
程なくして売主のご家族も到着し、売買契約が始まりました!
もう1年近く前(嘘だろ!?)になるのでうろ覚えですが、資料を元に書いていきます😂




まずは重要事項説明です。
Yさんが宅建士の資格を私たちに見せて、「重要事項説明書」に沿って説明していきます。
この土地はもともと住宅地で、家が建っていたところなので大きな問題はありませんでした✨



細かくて難しいですが、おかしなところがないかどうかしっかり確認した方がいいです。
うちの場合は、事前に説明書が送られてきて、契約の時までに目を通すように言われました💡
しっかりした不動産屋さんなら事前に渡されると思います。
素人が当日にぶっつけ本番で説明されても、絶対によくわからないまま終わりますからね…💨




重説が終わると、契約書類への怒濤の署名・捺印です。
10枚近く書いて押したような気がします笑
普段はサインがあるならハンコ要らないよな~とか思ったり、実際にハンコも無くそうとする流れになってきたりしていますね😅


それでも実印をドンと押すと、大きな契約をしたんだな~という実感が湧いてくるものです。
そういう意味ではハンコ文化も悪くないと思いました🤗




それからお金のやりとりです。
この日に準備した金額は138万円です(あと1万円分の収入印紙も)。
現金での準備だったので緊張しましたね~😂笑
お金について、詳しくはこの次に書きますね。




そうして滞りなく、土地の契約は終了しました。
やっぱり重要な長い話を聞いて、大量に署名・捺印して、大金のやりとりをしたので疲れましたね😂


でもこれでようやく、土地を手に入れました!
もうひっくり返されることはないでしょう🤣




そしてその夜、積水ハウスにはお断りの連絡を入れました。
これでこれからはセルコホームとの打ち合わせに専念することが出来ます!




改めて、土地購入の流れってややこしいですよね

さて、ここからはお金について土地契約から決済にかけての流れについて書いていきます。


138万円のうち、100万円は手付金です。
土地代の中から先に払っておく分です。
手付金は、土地買付の時に当初50万円で行く予定だったのが、すぐに現れた二番手が200万出すと言っていたので100万に上げた経緯があります…笑




そして38万円仲介手数料の半分です。
仲介手数料は、物件を仲介してくれる不動産屋さんに支払うものです。
買主も売主も支払います。



仲介手数料は、売買価格 × 3% + 6万円 + 消費税 の式で計算されます。
つまり私たちが購入した土地は2080万円なので…


20,800,000 × 0.03 = 624,000

624,000 + 60,000 = 684,000

684,000 × 1.1 = 752,400



ということで、仲介手数料は752,400円となります。
今回の契約時にはその約半分380,000円を支払うコトになっています。



残りの仲介手数料372,400円は、土地代から手付金100万を引いた19,800,000円とともに後日支払います。
この残金も現金で払えるのであればすぐに払ってしまえばそれで終わりなのですが、なかなか2000万円くらいをニコニコ現金払い出来る人も少ないでしょう。
つまり住宅ローンのつなぎ融資を利用することになります。




この辺がややこしいんですよね~💨
住宅ローンは厳密には「家」に対して融資されるものなので、最初に必要となる土地代つなぎ融資を利用しなければなりません。



以前載せた土地購入までのフローチャート(と呼べる代物ではないですが笑)をもう一度。
土地購入(決済)
住宅ローンの審査申し込み
具体的なプランが必要
HMでの詳細な打ち合わせ
HM契約
土地契約 ←イマココ!
住宅ローン事前審査
土地探し、HM選び



つなぎ融資も含めた住宅ローンの本審査を申し込むためには、どんな家を建てるのかといった具体的なプランが必要となります。
つまり住宅ローンの審査に受かってつなぎ融資を受けて、土地代の残金を支払うまでに詳細な打ち合わせをして大まかなプランを作ってもらわなければならないのです。



正直、まだHMも決まっていないのに無茶な話だとは思います😅
一般的には土地契約から残金決済まで2ヶ月くらいの猶予があるようです。
私たちは10月中旬の契約で、2ヶ月後が年末年始にかかってしまうとのことでさらに1ヶ月延ばしていただき、3ヶ月後の1月下旬に残金決済の予定となりました💡



その間にHMと契約して、プランを詰めていきます。
とは言っても、全て打ち合わせを終えなければならない訳ではありません。
配置図、平面図、間取図、立面図が含まれた建築確認申請書が必要となるので、間取りの位置などを決めるところまでですかね💨


建築確認というのは、その建物や地盤が建築基準法に適合しているかどうかを確認することです。
建ぺい率/容積率北側斜線制限が守られているか、換気は問題ないか、採光は問題ないか、などです。
なのでこの申請を出した後は、窓や間取りなどの大きな変更は出来なくなります



逆に言えば、そこまで2-3ヶ月の間に決めなければならないんですよね💨
そのため、この土地契約後からはこれまた怒濤の打ち合わせが待っています。
我が家も週1の打ち合わせが10回ほど続きましたね😂




でもセルコホームにすると決めて、夢が(図面上ではありますが)形になっていくので苦ではありませんでしたね✨
幸い私と妻は趣味嗜好がピッタリなので特に揉めなかったですしね~🤗




さて、今回もなかなか長くなってきたのでこの辺で終わります。
次回はWEB内覧会その②ダイニング・リビング辺りをお届けしたいと思います。
次々回に今回の話の続きとして、セルコホームの5thプランについて書いていこうと思っています。
ゆっくりな更新で申し訳ないですが、自分のペースでやっていきたいと考えておりますのでよろしくお願いします🙇‍♂️
ではまた!




最後まで読んでいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら下のボタンを押していただけると励みになります!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


Twitterもよろしくお願いします!


 




次回へ続く⇒

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは!
セルコホームで注文住宅を建築中の梅尾(ばいお)家 夫です。
ようこそおいでくださいました!

初めての方はこちらからどうぞ!








バイオハザード25周年記念ウイスキーが発売されます!

先日引き渡しも終わり(外構はまだ途中ですが)、とりあえず家づくりの現況報告は終了ですかねぇ💡
内装の写真は改めてWEB内覧会で上げたいと思いますので、今回は別な話題です。




5月バイオハザード・ヴィレッジが発売されましたね。
私もまだやり込み途中なので、早く新居でプレイしたいところです😊
でも8/20にはGhost of Tsushimaのディレクターズカットも出るんだよなぁ…😂



昔はバイオハザードやってたけど…という方もぜひプレイして欲しいです✨
今回はバイオハザード4に近いアクション多めながら、ガチホラーなステージもあるので初期バイオファンの方も楽しめると思います!


【PS4】BIOHAZARD VILLAGE
カプコン
2021-05-08

BIOHAZARD VILLAGE PS4版
BIOHAZARD VILLAGE PS4版



そのバイオハザード、今年で25周年なんですね~✨
色々な記念商品が出ているのですが、中でもコレがすごい…笑


グレンファークラス25年カスク・ストレングス バイオハザード25周年記念ボトル 700ml

直火焚き蒸溜、100%シェリー樽熟成にこだわるシングルモルトスコッチウイスキー「グレンファークラス」より、「バイオハザード」シリーズの25周年を記念したボトルが日本限定で発売!25周年に相応しく、厳選した25年以上熟成した原酒を使用。今回は特別に、樽出し原酒そのままの味わいを楽しめる『カスク・ストレングス』スタイルでボトリングしました。裏ラベルには、「グレンファークラス蒸溜所」6代目当主ジョージ・グラント氏からのメッセージも記載しています。25周年ロゴを焼き印した木箱に入れてお届け。日本でしか味わえない特別なウイスキーを片手に、これからも「バイオハザード」シリーズをお楽しみください。

60f115c08824d

出展:成城石井オンラインショップ グレンファークラス25年カスク・ストレングス バイオハザード25周年記念ボトル 700mlより


値段が38,500円となかなか良い値段しますが、購入しちゃいました!
調べてみるとグレンファークラスというウイスキーの25年ものとか、カスク・ストレングスという種類とかが大体1-2万円
そこに木箱代とか、バイオハザードのブランド代とか付いたらそのくらいの値段になるのかなぁ…と。



何より迷っているうちに転売ヤーに買われてしまって定価で買えなくなったりするのが嫌なので、買っちゃいました✨
まだ余裕で予約できるみたいですけどね…😅



届いたら仕舞っておいて、妻の授乳が終わったら一緒に開けようかと思っています💡
2人での新築祝いも兼ねてです😊




さて今回はWEB内覧会にしようかとも思ったのですが、本編をキリの良いところまでやってしまおうと思います。
前回、二世帯住宅解消について伯父に相談しに行きましたが、母が意外と早く冷静になって受け入れてくれたので、この問題は決着を迎えました。





今回は二世帯住宅を解消する方針をセルコホーム積水ハウスに伝えたお話です。




セルコホーム担当Aさんへ連絡

結構間が開いてしまいましたが、前回のセルコホームとの打ち合わせはコチラ。





次回打ち合わせは10月11日の日曜日、建築士さんも交えて二世帯住宅の修正プランを提示してもらう予定でした。
今のところ無償で二世帯住宅のプランを作っていただいているのに、少々申し訳ないですが…💨




セルコホームの担当Aさんには、10月8日木曜日にまず連絡を入れました。
伯父に相談しに行った日ですね。
帰宅後、LINEを入れました。




「こんばんは、夜分にすみません。二世帯住宅をやめて普通の戸建になると、予算的には余裕が出ますかね?」



Aさん「大変お世話になっております。面積が変わらなかったとしても、キッチン・洗面・ユニットバス分お安くなります。また、その分間取りを小さくすることも出来るかと考えられます。」



「そうですよね。実はいろいろあって、二世帯住宅じゃなくする方向になりそうでして…😅💦」



Aさんえ!?お母様ご一緒にお住まいにならないのですか!?🤔」



「そうなんです💨まぁ母はまだ納得してないと思いますが、音問題やらなんやら、せめて近距離別居の方がお互いにストレスなく過ごせるんじゃないかと思って、その方向に説得しようと思っています。」

「せっかく二世帯住宅のプランで進めてもらっていたのですが…子世帯はそんな考えになってきていたところでした💨」

「詳しくは日曜にお話ししようかと思いますが…」



Aさん「いえいえとんでもございません…!!建ててからよりも、今ご相談されるのが良いと思います!日曜日詳しくお話しさせてくださいませ🙇‍♂️」



「建築士さんにもスミマセン、よろしくお願いしますとお伝えください🙇‍♂️」



Aさん「かしこまりました。お母様とのご相談など進展ございましたらご連絡いただけると幸いです。お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます🙇‍♂️」




いや~、申し訳ないですね😅
そして翌日の夜
母から電話が来て、二世帯住宅解消に納得してくれた後です。
Aさんから、住宅ローンの事前審査が2行とも通ったとLINEが来ました。




「ありがとうございます!まずは審査通ってよかったです笑」

「それと、母も納得してくれたので二世帯住宅じゃない方向で行きたいと思います。」




Aさん「かしこまりました。ちなみに、お母様はどちらにお住まいになるようになるのでしょうか?」



そういえば、どうなるんだろう…。
近場でいい部屋が見つかるまでは、今の地元かなぁ…?



お手数をおかけします💨とりあえずしばらくは地元ですかね。その後どうするかはこれから追々検討していく感じになるかと思います。」



Aさんとんでもございません!!かしこまりました。明後日お会いした際に詳しくお話しさせてくださいませ🙇‍♂️」



「よろしくお願いします!」




よし。
セルコホームにはこれでOK。
次回は建築士さんも同席する予定だし、直接謝っておこう😂




妻と相談

次は積水ハウスです。
前回の打ち合わせはコチラ。





二世帯住宅特化型の建築士さんとお話しして、次回は10月17日
ようやく建築士さんが描いてくれた2ndプランの提示予定となっていました。
10月11日には4thプランが出る予定であるセルコホームに比べて大幅に遅れているのです…。



そして以前も書きましたが、私たちは土地買付の時点でセルコホームに8割傾いていました。
その後の積水ハウスでの打ち合わせで、この建築士さんなら良い二世帯住宅を作ってくれるんじゃないかと少し思ったりもしましたが…。
それでもデザイン面価格面で、もはや9割セルコホームに傾いています。




「う~ん。積水ハウス、どうしようか?



「そうね~…二世帯住宅なら、ってことで積水ハウスの選択肢もあったけど…。」



「だよね。二世帯住宅をやめるということになって、うちらの好きなように建てられるのなら…もうセルコホームでよくない?



「うん、私もそう思ってた。



「セルコホームは断熱性や耐震性とか性能面は積水にも引けを取らないくらいかそれ以上だし、価格も積水より安め。それにデザインも輸入住宅だから本物の洋風住宅。」



「もうセルコホームを選ばない理由がないよね。」



「じゃあ、積水はもうお断りしようか…?」



「う~ん……次のセルコホームの打ち合わせの後に決める?」



「そうだなぁ。早いほうがいいかとは思うけど…そうするか。」




結論は先延ばしに。
こうして10月11日のセルコホームとの打ち合わせ、土地の契約を迎えることとなります。
この時のお話はまた改めて記事にする予定です。


時系列は飛びますが、その日の夜
積水ハウスの担当SさんからLINEが届きました。




積水ハウス担当SさんとのLINE

Sさん「こんばんは。夜分遅くに恐れ入ります。本日土地の契約は無事終わりましたでしょうか?お手続きいただきましたローンについてどのような金利条件でしたでしょうか?次回ご提案時に反映したくご連絡でした!プラン収納たっぷりの素敵なものが出来ました!」




おお…もうなんかすっごいやる気満々…!
まぁ契約取ろうとしているのですから、当然ですよね。
施主側にとっても、やる気ないよりはある方がいいに決まってます!


しかし。
9割9分セルコホームに傾いた私たちに、これ以上時間を割いてもらうのは申し訳なさ過ぎます



私たちは、積水ハウスをお断りする決意を固めました。



LINEに返信します。




「こんばんは。先日は設計士さんも交えて、詳細なお話をしていただきありがとうございました。また早速プランも作っていただきありがとうございます。」

「ただあれからこちらでもよく検討し、母とも話し合った結果、二世帯住宅はやめにしようということになりました。あの土地の建ぺい率・容積率予算を考えるとお互いの希望を叶えるのが難しく、双方我慢しなければならないため、かえって関係が悪くなってしまうのではないかと思ったからです。」

二世帯住宅という点で考えると、積水ハウスの遮音性耐震性などとても魅力的ではありましたが、そうではなくなった今、夫婦二人の好みであるセルコホームと契約することとしました。」

「せっかくプラン作成していただいたのに大変申し訳ありません。残念ですが、積水ハウス様との家造りは見送らせていただきたいと思います。今まで本当にありがとうございました。」




お断りLINEは以上のような感じです。
HMお断りメールの文面は、Google先生を参考にしました💡
やっぱり断る時はハッキリ言った方がいいですよね💨




Sさん「お忙しい中、ご返信ありがとうございます。内容確認致しました。その後、ご家族様でのお話しがあったのですね…。承知いたしました。

Sさん「知らずにプラン作成してしまっておりまして、折角ですのでプランだけでも明日データで送らせて頂いても宜しいでしょうか?勝手なお願いで大変恐れ入りますが、いいプランでしたのでご覧頂けると幸いです。




なんと…お断りしたというのにプランを送っていただけるとのこと。
これは断る理由がありません!
というかいいんですか~!?😂




「そうですね、せっかく作っていただいたので是非お願いします。わざわざ申し訳ありません。」




その後、データが送られてきました。




Sさん「お世話になります。参考プラン作成させて頂いておりましたので、お送りさせて頂きます!外壁に一部ブラックのタイルも施工できましたので、好みの部分にはなるかと思います!」



「わざわざありがとうございます。お手数をおかけしまして、ありがとうございました。」



Sさん「是非ご参考ください!」




Sさん、短い間だったけどありがとうございました…!
二世帯特化型建築士さんも、わざわざプラン作っていただいてありがとうございました✨
いただいたプラン、参考に出来るところは参考にさせてもらいますよ!


意外と食い下がることなく、あっさり了承していただきましたね~。
もしかしたら、すでにセルコホーム寄りなのが分かっていたのかもしれません。




積水ハウスの2ndプラン

それでは早速、積水ハウスの2ndプランを見ていきましょう!
前回と同じく、間取りはマイホームデザイナー13で作ったものを載せたいと思います。
でもパースだけは再現できないので、掲載させていただこうかな…😂




【MHD】積水2nd①

まず1階です。
右下が親世帯、左上が子世帯ですね。


親世帯の寝室、ウォークスルークローゼットを通って入るパターンで、少し珍しいですね💡
子世帯の廊下の収納は、少し奥行狭すぎないかな?45cmもないんじゃ…😅



そしてまた縦列駐車になってるよ~!
積水ハウスは縦列駐車好きなのかなぁ?😂




【MHD】積水2nd②

そして2階の子世帯ですね。
まぁ、最低限ってところですよね~💨


やっぱりリビング周りの収納が少なすぎますね~。
子供部屋にもクローゼット全く無いんですが…😂



相変わらずでっかいバルコニーあるし…。
HMというのはバルコニー付けるの好きですね!
この点に関してはセルコホームも同じでした…笑
何度も要らないって言っているんだけどなぁ…😅



それにLDKが親世帯と被っており、特に親世帯の寝室の上に水回りが来ています。
音問題についても話したハズなんだけどなぁ…。
それも問題ないくらい、積水ハウスは遮音性に自信を持っているということでしょうか…?




【MHD】積水2nd③

これでは小屋裏と書いてますが、実際はロフトです。
リビングの吹き抜けを見下ろせるようになっているようですね。
ここにはカウンターが設置されていて、趣味部屋スタディースペースとして使えるような感じでした💡




2ndパース

そして最後にパースです。
結構しっかり洋風ですね!
でもセルコホームで目が肥えてしまうと、屋根周りがシンプルで、モダンさが抜けきっていない印象があります。


あれ、ブラックのタイルはどこ…?🤣




う~ん。
やっぱりこれを見ても、セルコホームのプランの方が要望を叶えようとしてくれている印象があります。
というか畳コーナーどこ行った!!



建ぺい率/容積率セルコホームはギリギリだったのに対して、積水ハウスのプランではまだ余裕ありそうです。
つまりギリギリまで広くしてしまうと、今度は予算的に厳しくなってくるということなのでしょう。




ということで、2ndプランを見てもやっぱりセルコホームの優位性は変わらず
積水ハウスには縁がなかったのでしょう…。




私たちは、セルコホームと契約する方針に決めました。




まぁまだ担当Aさんには、セルコホームに決めます!とは言ってませんが。
わざわざ競合相手がいないことを言う必要もないでしょう。
雰囲気でわかりそうな気もしますし💡笑




さて二世帯住宅解消編終了とともにHMも決まりました!
次はセルコホームでの建築士さんも交えての打ち合わせ土地契約のお話になります。
10月11日の日中のことですね💡




しかし!
次回はWEB内覧会になります!
まずは玄関から水回りくらいまでですかね~✨


とはいえ、今週末に引っ越しを控えているのに荷造りまっっったくしてないので、しばらく更新出来ないかもしれません😂💦
荷造りが一段落しそうなら今週中に更新します。
無理そうなら、次回の更新は新居に移ってからになりますね…。




今後も更新続けていく予定ですので、どうかよろしくお願いします。
ではまた!




最後まで読んでいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら下のボタンを押していただけると励みになります!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


Twitterもよろしくお願いします!


 




次回へ続く⇒

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは!
セルコホームで注文住宅を建築中の梅尾(ばいお)家 夫です。
ようこそおいでくださいました!

初めての方はこちらからどうぞ!








現況報告、引き渡しでした!

2021年7月24日。
梅尾家の新居、ついに引き渡しでした!



10時に現場に着くと、担当Aさん建築士Tさん…の代理の若い設計士さんが出迎えてくれました💡
ちなみに外構は、あとはフェンスコンクリート打設が残っているのですが、連休中ということもあってまだ途中でした。
まぁ引っ越しは2週間後の予定なので、まだ時間はあります笑



それでもエアコン室外機は設置されていたので、竣工立会の時とは違い家の中は涼しかったです!
玄関ドアを開けて中に入ると、一気に快適に!
リビングのエアコン1台だけ稼働していましたが、2階まで快適でしたよ~✨
小屋裏は普段ドアで密閉されているので、別にエアコン付けています。
密閉している訳については、WEB内覧会で説明しますね~😁




いよいよ引き渡しですが…結構あっさりしていました!笑
テープカットしたり家の模型もらったり…というイベントは特にありませんでした🤣笑



1627103441486

コチラ、記念にいただいた観葉植物です。
名前がよく分からなかったのでGoogleレンズで調べましたが、結局よく分かりません😅
スパティフィラムというのが出てきましたが、それで合ってるのかなぁ?笑




そして画像の通り、家具も搬入されていました!
ダイニングテーブル&チェアソファベッドサイドテーブルはセルコホームと提携しているアメリカ輸入家具のアシュレイで購入しました✨



ダイニングテーブルは憧れの丸テーブルにしましたよ~!✨


20210725_163758

出展:【ASHLEY】輸入家具-アシュレイホームストア-正規販売店より


このテーブル、左右に伸ばして真ん中に天板を置くと楕円形となって6人掛けになるのです✨
そんなに頻度は高くないとは思いますが、義両親が来た時なんかに使えるかな~と思っています。
そして輸入家具らしく、なかなか大きくて存在感あります。
導入しようと思っている方がいたら、しっかり大きさを確認してからの方がいいです。



続いてリビング
カーテンもついて、ソファも入りました。
ただこのソファ…注文したものが納品遅れたために、担当Aさんが迅速にレンタルを手配してくれた代替品です💡


DSC_2489

濃い茶色で、レザー仕上げです。
これもこれで格好いいのですが、私たちが注文したものはコチラ。


Screenshot_20210725-163533

出展:【ASHLEY】輸入家具-アシュレイホームストア-正規販売店より


クロスが薄いグレーなのでそのテイストに合わせて、グレーのものとなっております。
お気づきの方もいるかと思いますが、このアシュレイ、輸入家具の割にはそこまで高くないのです!
この値段は公式サイトに載っているものなので、セルコホームではもう少し安く購入出来ましたよ!
ダイニングセット(楕円形テーブル+椅子6脚)が213,840円(税込)、ソファが80,784円(税込)でした✨




それと前々回の記事で書きましたが、造作手洗いのボウルがプランと違う問題です💡


DSC_2364

もともとはこの丸型のボウルが設置されていましたが、プランでは貝殻型のボウルの予定だったのです。
それも交換されていました!


DSC_2484

どん!
近づいてみましょう!


DSC_2485

どどん!
いや~、やっぱりコレですね!
美しい…😍


DSC_2486

水栓も、前のでは非対応とのことで交換していただきました。
前のより断然好みのものになりました✨
真鍮製で、ブロンズ仕上げです。
格好いい…🤩




そしてAさんから簡単に設備についての説明を受けました。
フィルターの掃除とか、いつやったか分からなくなりそう…😅
全ての設備が、洗エールレンジフードのように簡単に綺麗にできればいいのに…😂




そして玄関ドアの鍵の交換です。
鍵穴自体を交換するのかと思いましたが、違いました💡


まずAさんが「こちら、工事用の鍵です。」と工事用の鍵を見せながら施錠・解錠して見せました。
続いて「そしてこちらが梅尾さん用の鍵となります。」5本束になった鍵を渡してくれました。
「どうぞ、鍵を締めてみてください。」と言うので、言われるがままにガチャン施錠・解錠してみます。
「これでもう、工事用の鍵では動きません。やってみてください!」と言われて工事用の鍵を差し込んで回そうとしましたが、動きませんでした💡


す、すげぇ!


面白い仕組みになっているんですね~!
これで鍵の交換完了です。




あとは書類にサインしたり、引っ越しして転居届を提出後に行う金消契約について話がありました。
金消契約って引き渡し後でもいいんですかね?
引き渡し前のイメージでしたが…笑




こうして引き渡し終了です。
我が家の家づくりは、セルコホームとの間では大きなトラブルもなく非常に順調に進んだと思います(母との間ではトラブルありましたが笑)。
それも全て、担当していただいた方々のおかげです。
非常に迅速で誠実な対応をしていただいた営業担当Aさん、吹き抜けホールや塔屋を使用した書斎などシビれる提案をしていただいた建築士Tさん、私たちの趣味嗜好をとてもよく理解してくれてドンピシャなクロス・照明・カーテンの提案をしていただいたICさん、そして現場の工事をスムーズに進めていただいた現場監督さん


他にも色々な方々のおかげだとは理解しておりますが、特にお世話になった4人の方に、お礼としてお菓子の詰め合わせをお渡ししました💡
さらにAさんには非常にお世話になったので、少し高級なボールペンをお渡ししました✨
このペンを使って、更なる契約を取っちゃってください!笑



本当にありがとうございました!
今後もよろしくお願いしますね!!
引き渡し終わっても、冷たくしないでね~😂笑




さて、引き渡しが終わり自由に新居に入れるようになったので、引っ越しまでにいろいろと準備していきたいと思いますよ~!
引っ越しの荷造りも少しずつやっていかなければなりませんが…😅


まずは虫対策第一弾
エアコン室外機のドレンホースにキャップを付けますよ💡


DSC_2495

DSC_2494

こんな感じです!
他にもしっかり虫対策やらなければなりません!!😤




家づくりは一段落となりましたが、ブログの方はまだまだ続きます!
ひとまず地鎮祭まで時系列順に書いていきたいとは思っております。
それ以降は現況報告として書いていますのでね💡




さて前回は番外編として竣工立会について書きました。





今回は本編、二世帯住宅解消編に戻ります。
前々回、母に二世帯住宅解消の意思を伝えたところ修羅場になりかけました。





今回は、母の兄である伯父に助っ人を依頼しに行きます!




助けて伯父さん!

お互いが不幸にならないために、二世帯住宅を解消したい。


そのように母に話をしましたが、ショックが大きかったためか最後は支離滅裂なことを言い出して話になりませんでした😓
まぁ土地も決まって、息子と一緒に新しい家に住めると思っていたところにその話だから気持ちは分からなくもないですがね…💨



私たちは母を見捨てたくて二世帯住宅解消を提案しているわけではなく、お互いに幸せに暮らしていくために提案しています。
だから何としても、冷静に話を聞いて欲しいのですが…。




そこで実の子供全く関係のない他人ではなく、母の兄である伯父が言うことなら、母も少しは耳を貸してくれて冷静になってくれるのではないか…と思いました。
伯父はM県S市近郊に住んでおり、私も幼少時の頃から母の実家に行く度にお世話になっておりました。


この伯父さん。
母の兄とは思えないほどフランクな人で、とっても話しやすい人です。
母に言わせれば「いい加減で昔から好きなことばっかりやってた」人らしいですが、自分の好きなことを仕事にして飯を食ってる男のロマンの塊のような人です。
私自身、母よりは伯父の方が話が合います🤗



一昨年M県S市に引っ越してきた時も、上の子(しかいなかった)を連れて挨拶に行きました。
当時1歳くらいで人見知りの始まっていた娘が、何故か懐いていました✨
今会ったらわかりませんが…🤣




母とバトルした翌日10月8日の木曜日。
ちょうどその近くに出張だったため仕事帰りに寄ることにしました。
もちろんアポ取り済みです!
伯父の仕事は自営業なので、突然のアポでも融通を利かせてもらえました💡
運が良く仕事も早く終わり、伯父の家には16時頃に到着しました。


あ、もちろん菓子折持参です🤗笑



お茶を出してもらって、簡単に近況報告をして、早速本題に入ります




伯父との対談

「家を建てようと思って、土地は決まってHMにプラン作ってもらっているところです。母の希望で二世帯住宅で検討していますが、土地の広さや予算的に難しい気がしてきました。」

「このままだとお互いが我慢しなければならない状況が続いて、いずれ関係は破綻してしまうんじゃあないかと思います。」

お互いが幸せに暮らしていくためにもやっぱり二世帯住宅はやめよう、と母に言ったんです。でもお母さんを見捨てるの?とか言い出して話にならないんですよね…。」



実際はもう少し詳しく話しています。
母とのやりとりの詳細は前回記事をご参照くださいね💡




伯父「あー、そりゃあ無理だよ。大体二世帯住宅といえども同居みたいなもんだから。同居は絶対上手くいかないよ!




あっさり、欲しい答えをくれました😂




伯父「俺も長男だけど、絶対上手くいかないと思って同居しなかったもん。近くに住んでて、何かあったらいつでも駆けつけられればそれでいいのよ!」

伯父「自分の親でも、妻にとっては他人だからさ。気が合わなければもちろんストレスだし、気が合う人同士でも他人とずっと一緒に暮らすってのは相当なストレスよ。」

伯父「おまえはもう自立して結婚したわけだから、おまえの家族は奥さんと子供なんだよ。だから親より今の家族を守ってやらなきゃいけないんだよな。もちろん親も大切にしなきゃいけないけどさ。」


「…そうですよね!」




そのように考えてはいましたが、やはり実の親に色々と言われると、心のどこかで本当に自分は正しいのか?という迷いがありました。
しかし伯父にあっさりと言われたので、やっぱり自分の考えは間違えではないと思うことが出来ました。
少し涙が出そうにもなりました😂


もちろん色々な考え方があるので、どの方針も間違えではないと思います。
でも少なくとも、私のように考える人はいるということです。




それからは伯父の結婚したときの話など、なかなか貴重なお話を聞かせてもらいました笑
自分の考え方は間違えではなかったと分かったのは大きな収穫ですが、もう一つお願いしなければならないことが。




「ちょっと伯父さんからも、母に言ってもらえませんか…?」


伯父「おーいいよ!電話しておくよ!…というか明後日の土曜日あっち(私の実家)方面に行く用事あるからついでに会ってくるわ!

伯父「まぁでも。あいつは一旦感情的にはなるけど、落ち着けば頭は悪くないから大丈夫だと思うぞ~。分かってくれると思うよ!」


「だといいんですけどねぇ…。」




こうして伯父との対談は終了しました。
少し希望が見えてきたような気がします。
伯父からも言ってくれるみたいだし、伯父の言うことが本当なら分かってくれるハズ。
落ち着くまでどのくらいかかるのかなぁ…😓




翌日、母との電話

さらに翌日の10月9日、改めて母と話をしてみようと思って日中にLINEしてみました。




「こんにちは。今夜電話しようかと思うけど、大丈夫?」


「こんにちは。あなたの都合いい時間で大丈夫だよ。」




LINEの口調では一昨日よりは落ち着いてそうですが…。
伯父さんからも言ってくれたのかな…😓
一体どうなるか。


夜、母に電話します。




「こんばんは。例の件だけど…。」


「こんばんは。うん、私もずっと考えてたんだけど、やっぱりあなたの言うように二世帯住宅はやめる方がいいかな。」




急展開です!
想定よりも早くわかってくれたようです!!




「やっぱりお互いに我慢してたら良い結果にはならないもんね。近いところに住むのがいいんだろうね。」


「そうか、ありがとう…わかってくれてありがとう!




ここは少し過剰にお礼を言っておきます✨笑
ヨイショヨイショ!🤣




今日の午前中に兄から電話があってさ。兄にまで相談したの?そんなことしなくていいのに。




おっ、早速電話してくれたようです!
そんなことしなくていい訳はないのです😇
出来ることは何だってやってやるぜ!




「まぁその時にはもう結論決めてたから、特に説教されたりとかはなかったけど。あなたの気持ちを支持するように言われました。こっちにも来るって言うから、もう分かっているから来なくていいって言ったんだよ。」



「そうだったんだ。うん…うちらの意思を尊重してくれて、本当にありがとう。もちろんお母さんの新居を探す手伝いは俺が全力でするから、心配しないで。それと1000万円の援助もなくていいから、新居の費用に使ってください。」


「わかりました。今後もよろしくね。

「あぁ1つだけ、いい?お願いがあるんだけど。」




な、なんだろう…💨
「相棒」杉下右京さんみたいな言い方しないでください😅



お父さんの仏壇のことです。マンションアパートに仏壇を置くには大きすぎるので、仏壇はあなた達の新居に置いて欲しいの。私の部屋には位牌香炉だけ置いておこうかと思って。お父さんが亡くなったときに買った仏壇だから、大事に取っておいてもらいたいなぁと。」




な~んだ、仏壇のことか💡
私の父が亡くなった時に購入したモノで、なかなか立派なものです。

1614343440816


父のことは尊敬しているし、私は独りっ子なので元から母が使えなくなったら引き取るつもりでした。
仏壇スペースを作ることは最初から計画されています。
妻の了承も得ています。
というわけで、仏壇については二つ返事でOKです✨




そんなこんなで、いきなりの急展開でしたが母もわかってくれました。
伯父の言うとおり、冷静になれば大丈夫だったようです。


何はともあれ。
二世帯住宅解消問題、解決です!!
意外と早い決着でした!


DlgcDpXUUAAs0j0

出典:ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン コミックス8巻より





ちなみに、結局土曜日に伯父は母のところに行ったそうです笑
なんとか平和的に解決して良かったです。
今後は自分の家づくりと並行して、母の家探しもしなければなりませんが…二世帯住宅で我慢するより100倍良いですよね😊




今回はこの辺で。
これにて二世帯住宅解消編はほぼ終了です。
次回は二世帯住宅解消編・その後、ということで、セルコホーム積水ハウスに二世帯住宅を解消することを伝えた話でも書こうかなと思います。
少し時系列前後しますが、この辺りはまとめたほうがいいかと考えました💡



でも間にWEB内覧会挟むかもしれません!
現況報告のみの記事にするときは、できるだけ本編と交互に出そうかと思っています。
ではまた!




最後まで読んでいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら下のボタンを押していただけると励みになります!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


Twitterもよろしくお願いします!


 




次回へ続く⇒

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは!
セルコホームで注文住宅を建築中の梅尾(ばいお)家 夫です。
ようこそおいでくださいました!

初めての方はこちらからどうぞ!







現況報告

先週末に久しぶりに現場に行ったら、ほぼ完成していましたよ!
竣工立会も間近です🤗



DSC_2361

養生されていた玄関ドアがお目見え!
YKK APヴェナートD30 E07、色はバニラウォールナットです。

lineup_elegant_img_008

これの白いやつですね💡
ドアノブはクラシックハンドルディンプルキーです。
スマートキーではなく、手動の鍵です。



DSC_2364

ここが問題の造作手洗いです。
このままでも十分格好いいのですが…💨


-i79wm4

本来はコチラが付く予定でした。
すぐに担当Aさんに連絡して確認してもらうこととなりました。
確かに平面図では丸形ボウルの品番でしたが、見積書には貝殻型の品番が書かれていたんですよね。
後は議事録を引っ張り出してAさんに相談しようかと思っていましたが…。


数時間後には担当Aさんから電話がありました。

Aさん申し訳ありません!少し時間はかかってしまいますが、交換させていただきますので!」

とのことでした!
特に問題なく交換してもらえることとなって、よかったです😊
いまの水栓は貝殻型ボウルには非対応とのことで、また新たに選ぶ必要があるようですが💡



DSC_2369

脱衣室ランドリールームです。
スロップシンクが付きました!
大理石調のCFも良い感じです😊



DSC_2379_1

キッチンも養生が取れて、クリナップの扉カラー「ブルードゥパリ」がお目見えです!
高さ90cmなので少し高めですが、これで腰痛からも解放されます!
まぁ食洗機も入るので食器を洗う機会も減るかとは思いますが💡
食洗機はリンナイ深型です。



DSC_2383

タタミコーナーも畳が入りました!
仕切りの引き戸は上部レールなので床もスッキリ✨

今流行っている琉球畳ではなく、普通の畳です。
琉球畳、確かに格好いいですが…モダン過ぎてあまり好きではありません。
逆張りなだけとも言う…😅
それにこのタイプの方が安かったんですよ~笑

DSC_2384

縁はなかなか珍しいペイズリー柄です!
これなら周りの洋風な感じに合うんじゃないかと思いました💡



1626003700134

そしてダイニングです!
シャンデリアに2回ほど頭をぶつけてしまいましたが、実際は下にダイニングテーブルを置くのでぶつけることはないでしょう😂笑

ここも床に埋め込みコンセントを作る予定でしたがこの時点では見当たらず取り返しの付かないミスかと思いましたが、これから付けるとのことでした。
焦りました~😅笑



1625805038426

リビングの、ソファ側の窓とブラケットです。

DSC_2390

近づくとこんな感じです✨
これはICさん提案のものです。



1625994802978

ダイニング側から吹き抜けを見上げております。
シーリングファンも付きましたね💡
ハーフラウンドウィンドウとの組み合わせが良い感じです😊



DSC_2387

リビング側から、吹き抜けホールを見上げています。
以前も載せましたが、クロス照明が付いて完成されました✨
右側が寝室で、吹き抜けのホールを通って左の書斎に入る形となります。



DSC_2413

外構はまだこれからですが、玄関横に立水栓が設置されていました。
玄関ドアの色に合わせて、白いレンガ調です💡
上の小鳥は元栓になっているんですよ🐤



あとは竣工立会で最後のホームインスペクションと、ALSOKの設置と、残りの施主支給品を持ち込みます🤗
その次にはいよいよ引き渡し…✨
そしたらWEB内覧会ですね!
これまでの過去話と交互にやっていこうかと思っています。




さて前回は、私たち夫婦と母の温度差が明らかとなり、このまま我慢と妥協を続けるより二世帯住宅の解消を選ぶ決意をしました。





今回はその意思を母に直接伝えます。
波乱の予感です😓


※今回も母とのやりとりは不愉快なものです。嫌な場合は読み飛ばしてください💦




決戦に向けて作戦会議

前回、母とLINEでやり取りしてから再度家族会議となりました。
そこで現状を整理したところ、子世帯側の我慢ポイントがいくつか挙げられました。


①要望を諦める必要がある
②こちらばかりが音に気を遣う
③資金面が割に合わない





そのうち妻が予てから希望していたユーティリティを諦めると言い出し、これは不幸な未来しか見えない!
ということで、二世帯住宅を解消する決意を固めたのでした。
母にもわかってもらわなければなりませんが、どうやったら丸く収まるのか…。



作戦会議は続きます。
BGMもご用意したので、ぜひ聞きながらどうぞ笑







そもそも家を建てるのは、より幸せに家族で暮らしていくためです。

しかし現状、子世帯側が多く我慢しなければならない状況です😓
また話し合って母にも我慢してもらうことになったとしても、結局は同じ事。



子世帯・親世帯のどちらか、またはどちらも、我慢を強いられる生活になるのです。




これから数十年一緒に暮らしていくことを考えると、我慢することが分かっていながら共同生活をスタートさせるのはあまりいい判断とは思えません💨


しかもその生活に期限はありません
例えば、新居が建つまで夫の実家で同居だけど我慢する!…というような状況ではありません。
母が認知症や要介護になって施設に入ったり、亡くなったりするまでこの生活が続くわけです。




我慢というのは終わりが見えるから出来るのです。
終わりの見えない我慢は賽の河原のようなものです。




この生活、どう考えても破綻します。



いずれ妻が耐えきれなくなって出て行くか、それとも私も一緒に子世帯ごと出て行くか、意外と母がダメになって出て行くことになるかもしれません。
それも修復不可能な関係になる可能性すらあります。
せっかく大金を払って建てた夢のマイホームなのに、ですよ。



このまま破綻する可能性が高いことを分かっていながら、二世帯住宅計画を推し進めることは出来ません。
幸せになるための家が原因で不幸になったのでは、元も子もありません



お互いにストレスフリーに暮らせた方が、より良い関係を維持できるのではないか?
断っておきますが、私たちは母を見捨てるつもりは全くありません
むしろ関係が悪化しないために、近距離別居の方が良いのではないか?という考えに至りました。





よし。
やはり母には二世帯住宅解消の意思を伝えよう。
もちろん今後の母の住まいについても一緒に考えるつもりだし、母からの援助1000万円は辞退するつもりです。
今日はもう遅いので、明日の日中に電話することにしよう…。




「そりゃあ私としては別居がいいけど。でも、上手くいくかなぁ…?」


「いや~、絶対一悶着あるよね…。そんなに物わかりがいいとは思えないし…まぁ話してみるよ。」




覚悟を決めたとは言え、気が重いです…。




決戦は水曜日

10月7日水曜日。
母には昼頃に電話することは伝えてありました。


意を決して電話します。




「もしもし、についてなんだけど…。」


「こんにちは。次のプランどうなるかなぁ、親世帯が西側に変わってどんな間取りになるか楽しみだね!音が気にならない間取りだといいなぁ。」



うわぁ、めっちゃ楽しみにしてる…。
き、切り出しにくい…😂

でも絶対別居にした方が上手くいく!お互いに幸せになれる!




「その、二世帯住宅なんだけど…やめにしない?


「………」


「…やっぱりあれから考えたんだけど、お互いの希望を完全に叶えるのは難しいと思う。お母さんは昨日のLINEでも色々と要望を言ってたけど、最初に言ってた要望はそれなりに叶っているよね。それに比べてこちらの要望は叶えられていないことが結構あるよ。それに音は我慢出来ないって言われても、小さな子供がいる家庭なんだから多少の音は仕方ないと思うんだよ。」


「それなら、音は我慢するよ!


「いやそうじゃないんだよ。どちらかに我慢する必要が生じている時点で、絶対将来的に破綻するよ。お母さんに我慢してもらっても、こちらも我慢するところ・妥協するところはどうしても残るし、やっぱりお互いに我慢し続けるのは上手くいかないと思う。」

「それに予算の問題もあるよ。今のプランの時点で予算オーバーで、これを予算内に収めるにはやっぱり我慢・妥協が必要になる。お母さんが言ってた完全に左右で分ける案も階段が増えるからおそらく費用は上がるだろうし。」

「だから、二世帯住宅はやめて近距離別居にする方がいいんじゃないかと思うんだよ。お母さんは近くのアパートを借りるとか、マンションを買うとかして。もちろんそれを探す手伝いはするつもりだよ。その方がお互いに我慢せずにストレスフリーで暮らせると思う。」


「………」


「どうかな?」


「…そうか。お母さんを切り捨てるのね…。」


!? いやいやいやいや、違うって!(今の話聞いてたのか!?😓)」


「だってそうでしょう?いいよ、新しい綺麗な家にはあなた達だけで住んで、私はこの家(私の実家です)で1人ぼっちで暮らしていくことになるのね!」


「いやいやいやいや。今の話聞いてた!?(本当に声に出た😅)あくまでもお互いのためを考えてなんだよ。お母さんのことを見捨てるつもりでは絶対ないから!近くに住んだらいいって言ってるじゃん!」


「はぁ…楽しみにしていたのに、がっかりした。そんな風に考えていたの…。」



…いやぁ……。
一筋縄ではいかないだろうと思っていたけれど、ここまで話が通じないとは…。
本当に切り捨てたくなってきました😂


まぁ冗談はさておき。
とにかくこれではとても話を続けられる状態ではありません。
とりあえず保留として週末の日曜日、セルコホームとの打ち合わせ前に直接話をしようと言って、半ば無理矢理電話を切りました。




これは下手したら泥沼化する可能性があります…。
変にこじれる前に、第三者に介入してもらった方がいいかもしれません。
こんなこともあろうかと、電話での話し合いが上手くいかなかった時のための2ndプランは考えてありました。



母の兄、つまり私の伯父がM県S市郊外に住んでいるのです。
この伯父さん、母の兄とは思えないほど話がわかるいい人です✨笑
母は伯父がいかにいい加減な性格か、昔から言っていましたが、私は伯父の方が話が合いました。


とは言え母と伯父の仲は悪くないので、伯父から母を説得してもらうのはアリだと思いました。
早速伯父さんに電話です!




「こんにちは、お久しぶりです!」


伯父「おー!どうした!奥さんと娘ちゃんは元気か~!?息子も生まれたんだろ?」


「はい!おかげさまで、皆元気に過ごしています。ちょっと相談がありまして…。」


伯父「なんだ、言ってみな!」


「今マイホームを計画中で。二世帯住宅で考えていたんですが、やっぱりやめた方がいいんじゃないかと思って…。」


伯父「…なるほど。お母さんのことか。」


「はい。詳しくは明日、近くに行くので直接お話します。」




そう、ちょうど翌日は外勤で伯父の家の近くに行く予定だったのです。
そういう訳で、伯父に相談して外堀を埋める作戦に移行しました!


ちなみに伯父は9割私の味方になってくれると確信していました。
なぜなら伯父自身が、親(私の祖父母ですね)とは近距離別居だったからです。
それにフランクな性格で私と話も合うからです。




その夜…

その夜、母からLINEが来ました。



「音のことでいろいろ言ってしまって、ごめんなさい。セルコホームだと遮音がいいので、もっと私のスペース狭くてもいいので一緒に住みたいのでよろしくお願いします。」



やっぱりわかってない…。
母が我慢するのも良くないと言っているのに💨



「まぁちょっと保留にしておこう。うちらは本当に、お母さんを切り捨てたくてその提案をしたわけじゃないってことだけ分かってもらいたいかな。日曜日、打ち合わせ前に話し合おう。」


「話し合った結果、一緒に住むことが可能なの?職場の人たちにも、仕事辞める理由に息子たちと一緒に住むからと言ったんだよ。上司にも、良かったですね~と言われて。」



いや知らんし…。
いろいろと先走り過ぎでしょう。



「それはまだ何とも言えないかな。ちょっとうちらも考えをまとめたいし、今は正直家づくりを楽しめない状態なんだよ…。」


「アパートだったら、ウクレレも出来ないし、あなた達の家より気を遣うと思う。」


「うちらの音は気にするのに、自分のウクレレは気にしないの?アパートじゃなくてマンションならそんなに音響かないんじゃない?」


「ウクレレは、あなた達が仕事している昼間にやるつもりだよ。マンションは高いから住めないよ。それに今まで住んだことないし。」



だから妻が夜勤する可能性もあるんだよなぁ…。



「マンション高いって言うけど…二世帯住宅に住むとして、費用の大部分はうちが出すことになるんだけど…?それと住んだことないってのは関係あるの?」


「それじゃいくら出せばいい?隣の人がどんな人かわからないから怖いな。」



それは戸建だって変わらないと思うけど…😓



「ちょっとLINEでは話し合いも難しいから、お互いに少し考えをまとめて、頭を冷やして、日曜に話し合いしよう?」


「もし、話して悲しい結果になったら帰りがつらい死んでしまいたくなるよ。



はいはいワロスワロス
あんたはメンヘラティーンエイジャーか。



切り捨てたいわけじゃないって言ってるでしょ。お互いが我慢しすぎずにベストな道を探しましょうって言ってる。」


「どんな話し合いになったら、良い結果が出るの?それとももう結論出てるの?」


「いやうちらとしては別に住んだ方がお互いに良い結果になると思うんだけど、お母さんが一緒に住みたいって言うなら話し合いでこっちを納得させてみてよ。こちらが納得できれば、二世帯でもいいか、となるかもしれないでしょ。」



それからは母がいかに苦労して私を育て上げたか大学に入れてやったかを言い出したり、何故か知り合いが母親と一緒に住んでいる話を持ち出して来たりと支離滅裂な主張になってきたので、それ以降は返信するのをやめました😅笑





改めて書くと結構な毒親に見えるなぁ…😂
まぁ妻からは十分毒だよ!と言われるかもしれませんが笑
それでも、縁を切るのは最終手段です。


一応育ててもらった恩があることは理解しています。
父はもう亡くなり、私は独りっ子。
人間として最低限の責任はあります。




今回はここまで!今回も長くなってしまいましたね😅
母のLINEにはうんざりしましたが、とりあえず希望はまだ見えています。
次回、伯父さんに相談しに行きます!
ではまた!




最後まで読んでいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら下のボタンを押していただけると励みになります!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


Twitterもよろしくお願いします!


 




次回へ続く⇒

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは!
セルコホームで注文住宅を建築中の梅尾(ばいお)家 夫です。
ようこそおいでくださいました!

初めての方はこちらからどうぞ!








現況報告

先日施主支給の照明を持って行ったら、クロスはほぼ完成していて照明もだいぶ取り付けられていました!
嬉しくて写真撮りまくってしまいました😂



DSC_2316

DSC_2317

まずは外灯です。
コチラは玄関アーチ部分の照明で、左右に1対あります。
足場が外れるのはもう少し先のようです笑



DSC_2318

DSC_2319

コチラはアーチの中、玄関ポーチ部分ですね。
ポストの上に来ます。
外灯はいずれもタイマー/センサー型にしたハズです。
夕方から夜までタイマーで自動点灯し、消えた後はセンサーで人が来たら点灯する設定です。



DSC_2293

DSC_2294

中に入って、玄関ホールです。
コチラは人感センサータイプです。
柔らかい光で良い感じです✨



DSC_2292

ただいま手洗いトイレ手洗いの照明です。
若干壁が寂しい気もしますね😅笑
手洗いのボウル水栓はまだ付いていませんでした。



DSC_2289

DSC_2291

コチラは1階トイレです。
照明のせいでわかりにくいですが、メタリックな水色で模様が浮き上がっているものです。



DSC_2285

DSC_2287

前回も少しお見せした洗面所のクロスとクッションフロア(CF)です。
CFは大理石調です。
フロアタイルもお洒落ですが、CFの柔らかい感触が好きです✨


1625632642922

そして洗面台が入りました!
これはタカラスタンダードです。
ボウルは一つですが、横にメイクスペースがあるタイプです✨
三面鏡が二つ並んでいるので、収納もたっぷり!
写っていないですがボウル横の壁はホーローパネルとなっており、マグネットが付くようになっています💡



DSC_2281

DSC_2282

ユーティリティマグマジック部分もクロスが貼られました!
いい感じですね~✨
一部空気が入り込んでいる部分もあったけど、そのうち抜けるかな?
竣工立会でも変わらなかったら直してもらった方がいいかもしれません。



DSC_2295

DSC_2296

コチラはキッチンペンダントライト
キラキラです😍
これも展示場を丸パクリ…したかったのですが、なかなか良い値段したので少し安めの似たものにしました笑
でも十分かわいいし、それなりの(かわいくない)値段するんですよね~😂


1625632847393

そしてダイニングシャンデリア
これは施主支給です。
セルコホーム提携のものだと30万円以上もするのが、これは楽天3万円でした💡

1625632643048~2

キッチンのペンダントライトと並ぶとこんな感じ…✨
良き良き…😍

照明 照明器具 シャンデリア LED アイアン シーリング 天井【送料無料!】アンティーク照明新品 アイアン キャンドル8灯アンティーク調 シャンデリアシャンデリア 照明 照明器具LED 天井照明 ペンダント ライト 豪華家電 おしゃれ アンティーク
照明 照明器具 シャンデリア LED アイアン シーリング 天井【送料無料!】アンティーク照明新品 アイアン キャンドル8灯アンティーク調 シャンデリアシャンデリア 照明 照明器具LED 天井照明 ペンダント ライト 豪華家電 おしゃれ アンティーク



DSC_2298

DSC_2309

階段ブラケットです。
上が1階~2階への階段、下が2階~小屋裏への階段です。
まぁどちらも同じものですが。
よく見ると黒い金属部分がアンティークのように加工してあって、サビ汚れのような模様が付いております💡



DSC_2299

2階寝室のブラケットです。になっております。
コチラは展示場からパクってます
展示場の写真はないですが💨


DSC_2329

そしてコチラが寝室のシャンデリア
展示場のものを参考に、施主支給しました。
楽天で買ったら4万円ほどでした🤗

【送料無料】5灯シェードシャンデリア(ホワイトアンティーク)【O-OB-082/5H WH】
【送料無料】5灯シェードシャンデリア(ホワイトアンティーク)【O-OB-082/5H WH】

今見たら3万円になってるし!笑



DSC_2310

寝室WICのクロスの境目です。
寝室側が薄紫色、WIC側が水色です。
いずれもややくすんだ、落ち着いた色合いです✨



DSC_2303

寝室から吹き抜けのホールに出てみます。
リビングの照明とシーリングファンです✨
ここはまだ足場が組まれており、照明もまだ点灯しませんでした💨


DSC_2304

そしてホールのバラスター
白く塗装されておりました✨
良い感じです😊



DSC_2306

DSC_2307

ホールから2階書斎に入ります。
コチラのクロスはダマスク柄です。
輸入住宅といえばコレ!やりたかったんですよね~✨
格好いいです🤩




さて前回は積水ハウスで二世帯住宅が得意な建築士さんと出会い、ヒアリングでした。





今回はそれとセルコホームの3rdプランを受けて、






理想通りの土地は見つかったけど、二世帯住宅を建てるとなると難しいかも…。
今回からは、二世帯住宅について改めて検討していくこととなります。


※今回から母とのやりとりが不愉快に感じる方もいらっしゃるかもしれません。その場合は読み飛ばしてください💦




間取りの検討

10月5日の月曜日。
子供たちを寝かしつけた後、妻と2人で家族会議です。
まずはセルコホームの3rdプランとにらめっこです。



3rd平面図②

3rd平面図③



この土地の建ぺい率/容積率40%/60%で、このプランでは39.8%/60%とかなりギリギリに作られています。
既にギリギリなのに、2階の子世帯部分では収納ランドリースペースが足りません。
家族4人の洗濯物を干すには、この脱衣室の広さでは狭すぎます。
さらに回遊出来ないので、浴室や脱衣室からトイレ・洗面台まではぐるっと回らなければなりません。




2階は、書斎を本棚のみのスペースに減坪するくらいしか削れるところは無さそうです。
そうなると、1階のどこかを小さくすることで容積率に余裕を持たせるしかない…。



1階も2階もLDKはこれ以上小さくするのはキツそう…。
あとは各居室か?




子供部屋は4.75畳…これを4.5畳くらいにして、寝室6畳くらいでも良いかもしれません。
あとは…母の寝室
1人で使う寝室がこんなに必要だろうか…?



母の寝室に置く物は、ベッド仏壇
他にあるか…?
なければ、寝室をもう少し小さくしたいところ。




ちなみに母の理想の間取りはこんな感じ。

母希望間取り


これを見ると、仏壇はリビングでも良さそうです。
それなら母の寝室も少し小さくさせてもらえば、容積率に余裕が出てくるかもしれない!
そして総2階にすれば2階ももう少し広くなって、ランドリールーム収納回遊動線も作れるかもしれない!




というか…セルコホームのプランでギリギリ、要望を全て叶えるのは難しい状態。
それが既に予算オーバーですよ。
予算内に収めるならもっと小さく減坪してグレードも色々と下げなければなりません。
それよりも高い積水ハウスなんて無理じゃない…?



まぁとりあえず、母に寝室を減坪してもいいかの確認をしてみましょう。




母とのLINE

10月6日
母にLINEで連絡してみます。
LINEのやりとりと、合間の私の心の声を交互に載せていきますね。




「こんにちは。新居のお母さんの寝室だけど、ベッド仏壇が置ければいいよね?他になにか置くものある?」

「こんにちは。はい、できれば仏壇はリビングに置きたいけど狭くなるかな。」
「あとWICだけど、左側の洋服かけるパイプはそのままでいいけど、右側はパイプなしで真っ平らにしてほしいな。」





…(;^ω^)

おいおいおい…まだそんな細かい仕様の話をする段階じゃあないんだよ…。
というか質問に答えてくれよ💨




「まぁ細かい変更は後からできるよ。今のお母さんの寝室6畳だけど、1畳くらい狭くしてもいいかな?子世帯の脱衣室を、ランドリールームとしても使えるようにもう少し広くしたいんだよね。」

「2階と1階なのに関係あるの?今の部屋だと多少狭くなってもいいかもしれないけど、仏壇が入ったらその向きもあるしどうなるかわからないね~。あとWICはあなた達と同じくらいでいいかな?」
「あと、キッチンから直接寝室に行けるようにして欲しい。」
「あと寝室にテレビ置きます。」





…(#^ω^)ピキピキ

建ぺい率/容積率について何も調べてないのかよ…そのくらい載ってるSUUMOの雑誌渡しといただろうがよ…。
WICも小さくしていいのはありがたいけど。

それに細かい変更は後からだって言ってるだろう…テレビなんてどうとでもなるわ!
ここぞとばかりに要望をまくし立てるんじゃあない…!




「関係あるよ。いま建ぺい率/容積率がギリギリだから、2階を広げるには1階を狭くしないといけないんだよ。4人家族の洗濯物を干す場所だからあと1畳欲しいんだよね…。もちろん他の部屋も小さくしようとは考えているけどね。」

「1階は今と左右逆(もともと親世帯は西側希望でした)になるから、ちょっと想像難しいね。左右逆になると、私の寝室の上お風呂とトイレが来るんだよね?寝室真上のトイレは、うるさいからリビング近くに作って欲しい。」




…(;#^ω^)ビキビキ

はぁ?
気持ちはわかるけどはっきり「うるさい」って言いおったぞ…。

トイレをリビング近くにしたら、こっちだって問題が出てきます。
それこそ臭いが気になってしまうでしょう。
が思春期になったらリビング近くのトイレなんて絶対嫌がるに決まってます。


というか話が噛み合わなすぎるッッッ!!!!


したい話が全然できないじゃあないか!
落ち着け落ち着け…喧嘩してもいいことないから…。




うるさいから音が気になるから、っていうけどね。お母さんが一緒に住みたいっていうから二世帯住宅にするんだから、多少は我慢もしてくれないと…こっちも初のマイホームだから叶えたいこともいっぱいあるんだからね💨」

母「音だけは我慢できない❗」




…(# ゚Д゚)ムッカー

話にならないじゃあないか…。
自分の要望ばかりやんけ…😓

現時点のプランでは母の要望はほぼ叶えられています
それに比べて子世帯の要望は叶えられていないことが多い…。
1000万円援助してもらうとはいえ、現在の見積額6900万円の中で考えると割に合いません
だいたい母だって住むのに「援助」っておかしいだろ。




「なるべく希望に沿うようにはするけど、トイレをリビング近くにしたら今度はこっちが気になるでしょう。娘が思春期になったら嫌がるかもしれないし。何でもかんでもお母さんの希望通りに行くとは思わないで欲しい。」

「それじゃあ、私のリビングの上を私の寝室にして全く左右別にした方がいいんじゃない?」




まぁそれは今までで一番建設的な意見です。
確かに左右で完全に分ければ足音水音が響くことは気にならないでしょう。


問題は、費用がさらにかかることです。
単純に考えて階段がもう一つ増える訳ですからね。
ただでさえ予算オーバーなのに、なかなか現実的ではありません。



とりあえずお互いにもう少し考えてみることとして、その日のLINEは終了しました。




マイホームハイとマイホームブルー

この話が噛み合わない感じ…どうやら母はマイホームハイになっているようです。
マイホームハイとは…マイホームを計画中もしくは建築後浮かれ気分になってしまう状態のことです。


症状としては、金銭感覚が狂ったり周囲に自慢をしてしまったりといったことが多いようです。
母の状態はここまでではないですが、土地が決まりそれに合わせたプランを見て、ワクワクしてさらに要望を叶えようとしている状態です。




再度、夫婦で家族会議です。
要点を紙にまとめて、いい方法がないか模索します。
まずは二世帯住宅を決めたところから復習です。





◎母の考え
・一緒に暮らしたい、できれば完全同居したい。
・父も早くに亡くなり、寂しい
・息子と一緒に住んで安心感が欲しい。


◎私たち夫婦の考え
・母の老後の面倒は見るつもり(要介護・認知症になったら施設へ)。
・しかし完全同居は難しい。→自分たちのペースで生活したい。
近距離別居くらいがちょうどいいのではないか。





これらを合わせて考えて、完全分離の二世帯住宅で家を建てることとなったのでした。
そして計画を進めてきて、土地が決まりました。


この土地の建ぺい率/容積率40%/60%
これまでも書いてきた通り、完全分離の二世帯住宅を建てるとなるとギリギリだし、それでいて要望を全て叶えるのは難しくなります。



おまけに予算もオーバー
削れるところを削る必要があります。
それは書斎か、ユーティリティか、小屋裏か…。
はたまたグレードを全体的に下げるか。
親世帯は元からそんなに広くないのでそんなに削りようがないですからね…。
子世帯我慢ポイント①「要望を諦める必要がある」です。





母の理想の間取りは1LDKくらいですが、要望は色々とあります。




上の記事に追加となったものもあります。

収納はたくさん、パントリーも欲しい。
・LDKにはダイニングテーブルソファも置きたい。
・キッチンで作業しながらテレビを見たいので、対面式希望。もちろん食洗機も!
室内干しスペース、外干しスペースの確保。
仏壇スペースの確保。
・キッチンから直接寝室に行きたい。 ←New!
・寝室にテレビを置きたい。 ←New!
・音だけは我慢できない❗ ←超重要



私たち子世帯は大人2人、子供2人
育ち盛りの子供2人がいたら、生活音は気をつけていても防ぎきれるモノではありません
また妻が今後仕事復帰して、それが夜勤がある場合。
生活パターンはより不規則となります。


これまでに書いていなかったかもしれませんが、母はウクレレ演奏を趣味としています。
日中に練習するとなると、妻が夜勤後寝ている時に鳴らされるかもしれません。
その配慮は母にはあるのか?現状では何も考えてなさそうです。
子世帯我慢ポイント②「こちらばかりが音に気を遣う」です。





そして資金面です。
母からは1000万円出してもらう予定です。
私たちは5000万円ほど住宅ローンを利用して、+αを自己資金で賄うことを考えていました。
現時点でのセルコホームの見積額は6900万円


要望を叶えるためには、さらにローンの借入が必要となるかもしれません。
その場合、負担が増えるのは私たち子世帯です。
さらに、これまでに渡していた仕送りの代わりとして光熱費や水道代などをこちらが出すこととなっていました。


余談ですがお金の割合の問題は、バンドが解散する理由でよくあるものです。
子世帯我慢ポイント③「割に合わない」です。





少なくとも3つ子世帯我慢ポイントが出てきました。
この時点で、私たちはだいぶ暗い気持ちとなっていました。
母とは対照的に、完全にマイホームブルーでした。
マイホームブルーとは…マイホーム計画中もしくは建築後に、住宅ローンへの不安理想とのギャップに直面して憂鬱となってしまう症状のことです。




結婚したときから、バイオハザードに出てくるような洋館を建てることが夢だったのに。
2人のインドア趣味である漫画ソフト類を詰め込んだ趣味の部屋を作りたいのに。
趣味部屋や仕事部屋としての書斎や、妻の手芸などができるユーティリティを作りたいのに。
子供達をのびのび自由に遊ばせたいのに。




こういった夢を妥協しなければならないのか…。




家族会議中、間取りを見ながら妻が言いました。




「結局減坪しないと広さ的にも予算的にも建てられないもんね…。ユーティリティを無くして、その分脱衣室を広げてランドリールームにすればいいかな…。」

「いや、ユーティリティ無くしちゃうの!?」

「だって仕方ないよ…二世帯住宅にするには、そんな贅沢言ってられないよ…。」




その時の妻の顔は、失望感に溢れていました。






いやいやいや。それはダメだ。
ただでさえ二世帯住宅にする時点で妻は我慢しているのです。


これ以上我慢させるなんて…私には出来ない。





せっかく私と結婚してくれたのに。
2人で叶えるべき夢を諦めて母を優先するなんて、私はそんなマザコン野郎ではない!
もちろん母は大切な家族ですが、今私が守るべきは私の世帯








うん…これは……。








私「やめようか…。二世帯住宅。」


妻「えっ!?」





To Be Continued...




今回はここまで!
次回は母に直接、二世帯住宅解消の意思を伝えます!
ではまた!




最後まで読んでいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら下のボタンを押していただけると励みになります!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


Twitterもよろしくお願いします!


 




次回へ続く⇒

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは!
セルコホームで注文住宅を建築中の梅尾(ばいお)家 夫です。
ようこそおいでくださいました!

初めての方はこちらからどうぞ!








現況報告

M県S市も梅雨入りして雨が続いています。
雨の中、妻が現場に行って写真を撮ってきてくれました!
内装は引き続きクロス作業が行われています✨
クロスの品番は後の記事で紹介する予定です。



1624939751746

まず洗面所です。
コチラの壁は洗面台が設置される側なので、クロスが見えているのは今だけ!
反対側の壁は何もないのでクロスが見られますがね💡



1624939757424

1624939757477

続いてユーティリティ
コチラはアクセントクロスとして冒険しましたが、展示場のユーティリティのクロスを丸パクリしたので不安はありませんでした✨笑
妻が大層気に入ったクロスです。



1624939757176

1624939757086

次はまだ途中ですが、2階の寝室(色合い違って見えますが、同じ部屋・同じクロスです)。
少しくすんだ薄紫色で、コチラもまた妻が気に入った別の展示場の寝室を丸パクリです😂笑
可愛さもあり落ち着いた感じもあり、良い感じですね~!



展示場のインテリアは、インテリアコーディネーターさん気合い入れてデザインしたモノです。

気に入った展示場をパクる!

これならインテリアで後悔する事は少ないのではないかと思います。
まぁうちは外装も展示場パクってますけどね笑



1624939757244

寝室のR垂れ壁をくぐるとWICです。
こちらは打って変わって水色です。


少し暗めではありますが、ティファニーブルーも少し意識しています。
結婚指輪がティファニーなんですよね✨
ティファニーブルーそのままだとさすがに明るすぎるので、寝室のくすんだ薄紫色とテイストを合わせて、少しくすんだ水色にしました。



1624939757305

リビングの吹き抜けのクロスはどうやって貼るのか気になっていましたが、普通に足場が組まれていました笑
LDKは若干グレーなクロスです。



1625009017825

そうそう。
前回この洗濯機上収納の右側扉が天井と干渉して開かなかったと書きましたが、ご覧のようにテープが貼ってありました。
これは直してくれるってことかな💡



スクリーンショット 2021-06-29 234930

コチラは現場監督さんから送られてきた画像です。
外装も完成に近づいています!
窓枠の装飾が付けられました✨




そろそろ新居に引っ越す準備もしていかなければなりません。
施主支給の照明ルームミラーを楽天で注文したら、荷物で部屋がヤバいことに…。
引っ越しの見積りも取って、ネットの手続きもしなければ…。

やることいっぱいです!




さて前回はセルコホームにて土地に合わせた3rdプランを出してもらいました。





今回はその翌日、積水ハウスとの打ち合わせの話です。




打ち合わせという名のヒアリング

10月4日の日曜日。
この日は午後から積水ハウスとの打ち合わせです。
今回は二世帯住宅をよく手がけている建築士さんともお話できるとのこと。
というかまだ2ndプランも出ていないので、打ち合わせというか今回もヒアリングです。



また今回は私の仕事の都合で、展示場ではなく街中のS支店の入っているビルでの打ち合わせでした。
案の定私は仕事で呼び出しを受けてしまったので、妻たちに先に行って話を聞いてもらうことになりました。
ちなみに母は今日は来ていません。



遅れて到着してみると、それはもう立派なエントランスがあり、受付のお姉さんが案内してくれました。
さすが一流企業!といった風格を醸し出しています✨笑
打ち合わせ部屋の前には「梅尾様」と立て看板が置いてあり、部屋自体も旅館の食事処結婚式場の控え室かというような立派な部屋でした。




私が到着する前の(と子供たち)だけの時にも、いろいろとヒアリングがあったそうです。
まずは日々の生活の流れや、主に家事をどちらがやるのか(妻ですね)、そして私がどのくらい家事を手伝うのか私の帰りはいつ頃か、などライフスタイルについて詳しく聞かれたそうです。


そしてこんなやり取りもしたそうです。



担当Sさん「さて梅尾妻様。いまは旦那さんもお義母さまもいらっしゃいませんので…ぶっちゃけた話、二世帯住宅ってどうですか?本当のところはどのようにお思いですか?



とぶっ込んだ話を!
まぁ妻としては「出来れば別居がいいです!」といったところですが笑



Sさん「そうですよねぇ…実は旦那さんにも、お義母さまにも個別にヒアリングして本当の気持ちを聞きたいと思っております。その上で、皆様が納得して家づくりを進めていけるようにしたいと思っております。」



さすがHM最大手です。
二世帯住宅に対するヒアリングがもう慣れています。


他の施主ブログなどを見ても思うのですが、積水ハウスはヒアリングをかなり大事にしていますね。
他社に出遅れてもかまわないから、その分しっかりとヒアリングして、希望・要望だけでなくライフスタイルをしっかり把握した上で話を進めていくといった印象です。




そして二世帯住宅特化型の建築士さん登場です。




二世帯住宅特化型建築士さん登場

建築士さんは40代痩身眼鏡の方でした。
とてもフランクで話しやすい雰囲気…これもヒアリング重視の積水ハウスだからこそでしょうか笑
まずプロフィールや趣味の書かれた紙を渡され、雑談です。



アイスブレイクってヤツですね!



趣味は料理とお酒、読書、ランニング、登山、カメラ。
資格は一級建築士インテリアコーディネーター福祉住環境コーディネーターFPなどなど。


すごいバイタリティーですねぇ!
趣味の時点で真似できない…笑




そして経歴では、3年間で100件以上二世帯住宅を手がけているとのこと。
これは確かに、話し方資格的にも経歴的にも信頼して家づくりを任せたくなります。


そういえば、ということで妻はあの疑問を聞いてみたそうです。



「他社では、完全分離の二世帯住宅でも通用口を付けた方がいいと言われたのですが、その辺りはどうですか?」


建築士さん「いやそんなことはないですよ(即答)。申請関係のためにそう言われたのかもしれませんが、うちでは通用口なしでも問題なく申請できます。」



さすがというか、大手HMの余裕を漂わせた回答だったそうです笑
私が想像するに、眼鏡がキラッと光っていたことでしょう😂




その後は私も合流して(やっぱりまず雑談してから)、これまでに建築士さんが手がけた二世帯住宅の図面を見せてもらいました。
どの家も大きくて立派でしたね~!


やっぱり二世帯住宅はそれなりの広さ必要だよな~…💨
セルコホームのプランも容積率ギリギリ要望通りにいってないと言うのに…。



というかこんな大きい二世帯住宅、積水ハウスで建てたらすっごい値段するんじゃあないのか…!?😱




それから…

あとは電気・ガス併用での光熱費シミュレーションや、耐震性についてのお話がありました。
担当Sさんはオール電化より電気・ガス併用をお勧めしているようでした。
詳しい理由は忘れてしまいました…すみません、でももう9ヶ月も前の話なので勘弁してください…😂




そして概算の資金計画案、まぁ見積書ですね。
これも出てきました。


まだ1stプランしか出てないのに見積りって出せるもんなの!?
さらに他社を想定した見積りまで出てきて、これがまたセルコホームの見積もりと同じくらいで凄っ!!と思いましたが笑



積水ハウスの見積りは…建築費5700万円で、総額7900万円…!!
いやいやいや。
どう考えても無理でしょ~😂

…どれだけ削ることになるのだろうか…😰




さて一通りお話は終わり、次回打ち合わせの約束です。
次回はいよいよ2ndプランを提示してくれるとのことでした!
1週間後は…土曜日は休日出勤。日曜日はセルコホームとの打ち合わせからの土地契約
ということで、2週間後10月17日の予定となりました。







帰宅後、もらったパンフレットを妻と一緒に見てみます。
S市の隣町に出来た新規分譲地内に、コンセプトハウスとして分譲住宅を販売しているとのことでした。
分譲住宅、つまり建売住宅みたいな感じですね。
注文住宅でしかも二世帯住宅を考えている私たちとしてはあまり関係ないですが、どれどれ…。



どれも55坪前後の土地に、延床面積35坪前後
3LDKトイレ2ヶ所和室はあったりなかったり。
まぁ建売としてはスタンダードな感じ。
4人家族を想定しているのでしょう。



価格はどれも同じに設定されていて、5300万円



…やっぱり高いよ積水ハウス!😱
この土地と間取りで(しかも隣町である)この値段なら、注文住宅で完全分離の二世帯住宅とかそりゃああの見積りになるよ!!😭




お、おそろしや…。
なんだか二世帯住宅、広さ的にも予算的にもかなり厳しいのではないだろうか…?
暗雲どころか雷雲が立ちこめてきました。


私たち夫婦は顔を見合わせました。
どうする…?






今回はここまで!
次回から二世帯住宅解消編に突入!!


少し不愉快な内容も含まれることになるかと思います。
ただ現在は解決した話であり、母とも問題なく付き合えています。
現在二世帯住宅を検討している方、そして迷っている方に、少しでも参考になればいいなと思っております。
ではまた!




最後まで読んでいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら下のボタンを押していただけると励みになります!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


Twitterもよろしくお願いします!


 




次回へ続く⇒

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは!
セルコホームで注文住宅を建築中の梅尾(ばいお)家 夫です。
ようこそおいでくださいました!

初めての方はこちらからどうぞ!






現況報告

1週間ぶりに現場に行ってきました!
クロス作業を始めているとのことで、ワクワクが止まりません!!



DSC_2226_1

とはいえ、まだクロスを貼る前の準備段階でした笑
石膏ボードに打ち込んだビスや境目などの凹凸をパテで埋めていく作業ですね!
これをしないとしっかりクロスが貼れないのです。



DSC_2228

振り向いてみると…おお!
吹き抜けホールにバラスター(手摺子)が取り付けられています!!
おそらく白く塗装されると思いますが、現時点でもかなりいい雰囲気出てます😊

DSC_2242

こちら、そのホールからリビングを見下ろした感じです。
いいですね~😍
クロス照明が付くのが楽しみです!



DSC_2231

またリビングに戻ってきまして、ソファ側から見たテレビ設置場所1階書斎・納戸への入り口です。
うちは特に模様替えする気もないので、テレビボードは造作してもらい、テレビは壁掛けにする予定です💡


55インチでいいと思っていたけど、ここに来て65インチとの迷いが…笑
後ろのコンセントが隠れなかったら嫌だし…😅笑
SONYBRAVIAにする予定ですが、SONYストアでBRAVIA実寸サイズの用紙を注文できるそうなので、それを実際に貼って考えようかと思います!



DSC_2233

こちらはユーティリティマグマジックコーナーです。
ケーシングの中にツルツルした素材が入っていたので、おそらくこれがマグマジック?🤩
磁石なんて持っていなかったから確認出来なかったけど…笑



DSC_2236

そしてコチラ!!
唯一クロスが既に貼られていた2階トイレです!

DSC_2234

このクロスは妻のチョイスです。
2階トイレは大体家族が使うことが多いので、若干派手なクロスで冒険しました!笑
とはいえ白地に青い柄ですので、清潔感があってトイレには合ってるかと思います。

1624704648129

今後クロス選びの記事でも書くとは思いますが、ここでも書いておきます。
メーカーはリリカラで、品番はLL-5397です。



DSC_2247

それと2階の寝室天井のクロスは貼られていました!
コチラはサンゲツSP9545
検索してみたらもう廃番になってた…うちは間に合ったようですが💨



1624704616230

あ、一つ気になるところもありました。
コチラ脱衣所 兼 ランドリールームの、洗濯機上の収納です。
右側の扉を開こうとしたら天井と干渉して開かず…。
パテ施工前は開いたんだけどな…そのうち直してもらえるのかな?



DSC_2246

そして最後はこの小屋裏への階段…。

DSC_2244

なんかブアツイ扉が付きましたねぇ…。
これは!?
詳しくはまた今度…!




さて前回は久しぶりの積水ハウスとの打ち合わせでした。





今回は土地の買付や積水ハウスとの打ち合わせから1週間後セルコホームとの打ち合わせです!
前回の打ち合わせはコチラ。






セルコホーム 3rdプラン登場…!

10月3日の土曜日。
今回は以前見学に行った建売モデルハウスでの打ち合わせです。





自宅から近いので、ここが売れてしまうまではよくこのモデルハウスで打ち合わせしていました。
今回は無事一番手で買付を入れられた土地④に合わせたプランを出してもらえるとのこと。
それと、住宅ローンの仮審査の申請を行います。



今回も母同行です。
母はこのモデルハウス初見だったので、いつものように最初は一通り見学します。
そしてプランの話に入ります!


ちなみに予算も土地も度外視した2ndプランはコチラ。





土地④に合わせた3rdプラン、登場です!



3rd平面図①

まずは土地も含めた平面図!
車が3台横並びで停まっているぞ~!!



3rd平面図②

1階平面図です。



3rd平面図③

そして2階平面図
小屋裏の平面図も打ち合わせの時はあったのですが、渡された資料には抜けてました…笑



前回までと比べると、だいぶ現実的な大きさになってきましたね…!
土地80坪に対して、建築面積31.85坪延床面積48.31坪
建ぺい率/容積率が40%/60%で、このプランでは39.8%/60%ギチギチです。
建築士さんも大変だったことでしょう😅



詳しく見ていきましょう!
まず1階平面図から。



3rd平面図②

まず親世帯
親世帯は西側で希望を出しており、前回までもそうなっていたのに…何故か今回は東側(右側)に。
子世帯のLDKが東側になるので、母は音が響くのが嫌だからということで西側希望していました。
WICはありますが、リビング周りや玄関周りに収納が少ないですね。



続いて子世帯側。
寝室や子供部屋はまぁいいでしょう。
玄関の土間を小さくしてエントランスクロークを広げても良さそうです。
トイレが狭そうです。1畳分取れそうにも見えますけどねぇ。



そして玄関ホールの両世帯の境目
通用口が付いています。
完全分離なのに何故通用口が…?




これ深く確認する前に二世帯住宅解消してしまったので疑問はそのままになっていたのですが、Twitterで私もフォローさせていただいているHM営業さんで、ご自身も二世帯住宅にお住まいでいらっしゃるみのさん(@mino11293)に聞いてみました。



みのさんによると「長期優良住宅の認定をうけようと思うと、出入りができない二世帯は長屋という扱いになって、賃貸などと同じく長期優良住宅の条件が厳しくなるので、出入りできるつくりにして、あくまで一戸建てであるという申請をするケースがほとんどです。」とのことでした💡



なるほど…そのような意図があったのですね~。
う~ん、長期優良住宅を捨ててでも通用口なしにしたいと思いましたね!笑
みのさん、教えていただきありがとうございました!




3rd平面図③

続いて2階平面図です。
2階は子世帯のLDK、水回り、書斎です。



まずLDK
やや狭めですが概ね問題ないですかね。
やはり収納は少ない気がします。


それとスタディスペースもありません。
収納の事も考えるとどう考えても入りそうにありません…。
これはダイニングテーブルで勉強してもらうしかないか…💨


そしてタタミコーナー3畳あれば十分だと思うのでこれはこれでいいかな。
納戸は将来仏間にすることになりますかねぇ…そうなるとますます収納が減ってしまいます

だからバルコニーは要らないんだってば…😂



書斎は大きめです。
漫画や本、ソフト類が多いのでこれくらいは必要ですね…。
ここが塔屋部分となります。
ちなみに2階だけの塔屋のようですね。


その外に洗面台トイレ
ここなら帰宅時にすぐ手洗いできますね!



キッチンからユーティリティを通って脱衣所浴室
洗面所と脱衣所は別になっているのは希望通りです。
しかし脱衣所は2畳もなく、ランドリールームとして使うには少し狭そう


そして回遊動線はありません
脱衣所と洗面所を分けたのはいいですが、こうなると不便そうです。
風呂から上がった後、髪乾かすのにぐるっと回って行く必要があります。
それに風呂に入る前にトイレに行きたくなった時も遠いです。
これはなかなか不便ですよね…。




回遊動線を作るにしても収納を増やすにしても、現在容積率は60%でギチギチ
2階部分を増やしたいなら1階部分を減らさなければなりません




具体的なプランを出してもらうことによって、予算よりも土地の広さが影響して希望の間取りができないことが判明しました。
80坪で建ぺい率/容積率が40%/60%ではまだ狭かったのでしょうか…。


しかしこの土地④以上に良い土地に巡りあえる気はしません。
何より既に買付を入れてますし…。
う~む…まぁまずは持ち帰って検討してみましょう。



とりあえずその場では、親世帯を西側に入れ替えること通用口は本当に必要なのか確認することエントランスクロークを広げることバルコニーは要らないことを伝えました。
また次回打ち合わせまでにプランを修正していただいて、こちらも要望の取捨選択を検討することとしました。




3rdプランの見積もり

今回は少し詳しい概算見積書も出てきて、説明してくれました。
土地代は2080万円で、それも含めた総額が6900万円!!
建築費としては4600万円ほど…!



母から援助として1000万円出してもらうことになっており、このときは5000万円で住宅ローンを申請する予定でした。
それでも900万円は足が出ます…💨

やっぱり完全分離の二世帯住宅は高い…!
これは厳しい…😰




まぁそれはそれとして。
セルコホームでの概算見積書には、色々な項目が含まれていました。


設計料地盤調査料事務手数料などの付帯費用

外構工事は200万円分計上されていました。
アンテナ工事は12万円ほど、エアコン工事(4台分)は50万円ほど入っています。

地盤改良工事
は項目としてはありましたが、まだいくらになるか分からないので金額は書いていませんでした。しかし、しっかりと説明はありました💡

あとは登記費用火災保険印紙代手数料などの諸経費も計上されていました。




建築費用の見積明細書も説明してもらいました。
照明器具カーテン工事の金額も計上されていました。


増額項目としては、デザイン的な理由だったり小屋裏を入れたりするために、屋根の勾配を標準の5.9寸から7寸に変えることで増額。
小屋裏自体も増額対象です。固定階段なので余計にかかりますね。
子世帯の脱衣所と別にした洗面所、これもボウルが2個になっていたので増額です。
あとは完全分離の二世帯住宅なので、水回りが2ヶ所ずつでその分高いですね。
トイレなんか全部で3ヶ所ですし。




だいたいこんなところですね。
概算なのでここから増えるかもしれないし減るかもしれないし。
まぁ地盤改良費用もこれからですしね…増える可能性が高い…。



思ったのは、最初から結構しっかり色々と含まれているな!ということ。
ネットでは、外構費用が100万で余裕!と言っていたのに余裕でオーバーしたとか、カーテン代が全く含まれていなかったとか、付帯費用や諸経費は含まれていなかったとかの話をよく目にします。
なので足りない項目があったらしっかり確認するつもりだったのですが、すでにしっかり計上されていたので助かりました。

セルコホーム、明朗会計です!!




住宅ローン事前審査、どこにする?

今日の打ち合わせはまだ終わりません!
住宅ローンの事前審査を申し込まなければなりません。
一応事前に少し調べて、やはりネット銀行が金利安めだったので楽天銀行の資料を印刷して持って行きました。



楽天銀行では変動金利で0.5%台となっています。
セルコホームで対応しているのは地方銀行
その人の条件によって金利も変わってくるようですが、うちの場合は変動金利0.7%くらいとのこと。


セルコホームと提携している地銀に申し込む場合は、書類を書いて担当Aさんに渡すだけで手続き類はお任せできます。
提携外の楽天銀行などネット銀行に申し込む場合、手続きは全て自分で行うことになります。
それに金利が安い分、審査も結構厳しいらしいですね!



金利的にもそこまで大きく変わらないし、ズボラで面倒くさがりな私たちはあまり悩むこともなく地銀でお願いすることになりました😂
本命の地銀の他にも念のためもう1行にも申請することになりました。



必要な書類は二期分の源泉徴収票(必要なときは確定申告書類)免許証・保険証のコピーでした。
書類を書いてあとは担当Aさんにお任せです!
結果は1週間ほどで届くそうです。




事前にCICで自分の信用情報も調べて問題なさそうなことは分かっていますし、Aさんも「問題なく通ると思います!」とは言ってくれましたが、やはり結果が届くまでは不安です。
もし審査が通らなければ土地も購入出来ないので、二番手に流れていってしまいます…💨




でもまぁ、結果が出るまではどうしようもないので心配しても仕方ないですね!
とりあえず今回の打ち合わせはこれで終了です。




と、その前に。
そろそろ確認しなければならないことがありました。




ホームインスペクションについてです。




ホームインスペクション入れてもいいですか?

ホームインスペクション(住宅診断)とは、中立な立場で家づくりの現場に立ち会い、検査して問題ないか判定する仕事です。
私は「建てる前に読む!絶対にしくじらないハウスメーカー選び」という本を読んでホームインスペクションというものを知り、夫婦で話し合った結果、我が家でも依頼することになりました。
費用はかかりますが、やはりこちらは素人なので第三者の方に入ってもらうのは大切だと思います。






ホームインスペクションを依頼することを伝えるのは少し気まずいですが、信用していない訳ではなくて納得して家づくりを進めたいから、ということを強調して伝えました。
まぁHM側としても内心は嫌かもしれませんが、自信があるなら「どうぞやってください!」となるハズです。
そこで渋るHMはちょっと信用できなくなっちゃいますよね…😅



セルコホームのAさんの反応は…!?



それがホームインスペクションにピンと来ていない様子…。
Aさんが担当した案件では前例がなかったようで、「すみません!確認しておきます!」とのことでした😂




結果を書いてしまいましょう。
週明けの月曜にAさんから連絡が来ました。


Aさん「先日お話がありました、第三者機関の立会なのですが全く問題なく可能とのことでした。今までも何度も前例があったそうです。先日は勉強不足で誠に申し訳ございませんでした!」



よかった~!
全く問題ないと言い切ってくれるセルコホームの株も上がったし、分からないことでもすぐに調べて連絡してくれるAさんの株も上がりましたよ!



そういうわけで、まだこの段階ではどこに依頼するとかは検討中でしたが、ホームインスペクションを依頼する方針となりました。


ただやはり、ネットでも賛否は両論あります。
HM/工務店との信頼が揺らぐので入れない方がいいという意見もありますし、後悔しないためにも入れた方がいいという意見もあります。
どちらも一理ありますね。


私たちはホームインスペクション入れて良かったと思っていますが、その施主とHM/工務店との信頼関係にもよると思います。
いずれにしても、自分にとって後悔のない選択が出来るといいですね。




こうして今回の打ち合わせは終了しました。
次回打ち合わせは修正プランの提示事前審査の結果を、1週間後の10月11日に行う予定となりました。
次回はこれまで設計してくれていた建築士さんも同席してくれるとのことでした。


そしてその日は土地契約の日でもあります。
Aさんも同席する気マンマンでしたので笑、土地契約の直前に打ち合わせの予定としました。




さて、ようやく土地④に合わせた間取り・見積のプランが出てきた訳ですが…。
やはり理想と現実の差を見せつけられたと言いますか…。
セルコホームの1st/2ndプランは予算・広さ度外視の盛り盛りプランだったのはわかっていましたが、やはり現実的なプランを見るとなかなか要望を全て叶えるのは難しいことがわかりました。




予算がかかるのは分かっていました。
それはいいのです。
グレードを下げるなど、やろうと思えばコストカットはできます。


しかし広さに関するところは、法律で決まっているところなのでどうしようもありません。
最高の土地を見つけたと思っていましたが、やはり二世帯住宅を建てるには少し狭い…。
でももう土地購入は動き出しており、キャンセルするのは最終手段です。
それにここ以上に良い土地が出てくるとは、なかなか思えません…。




土地買付に成功して喜んだのもつかの間。
梅尾家の家づくり、なんだか暗雲が立ちこめてきた様な気がします。
やっぱり家づくりはどこかで我慢妥協をしなければいけないものなんだろうか…。



これは夫婦で、さらにとも相談する必要性がありそうです…。
これから二世帯住宅解消編へと突入していきます。




とその前に、次回は今回の翌日の話。
積水ハウスとの打ち合わせです。
二世帯住宅が得意な建築士さんが登場するとのことです!
ではまた!




最後まで読んでいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら下のボタンを押していただけると励みになります!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


Twitterもよろしくお願いします!


 




次回へ続く⇒
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは!
セルコホームで注文住宅を建築中の梅尾家 夫です。
ようこそおいでくださいました!

初めての方はこちらからどうぞ!








現況報告

すみません。
子供の風邪がうつったことと、「バイオハザード・ヴィレッジ」プレイ中のため更新が滞っています。
私が体調を崩してブログもゲームも出来ないでいるうちに、妻はもうクリアしちゃったそうです笑
妻は私より先にうつされていましたが、私より軽症で治ったようです…。
発熱はなかったので、コロナではないと思います。
なんとか週1回は更新したいところではあるのですが…😅


でもまぁブログタイトルにも書いてある通り、バイオハザードは我々のアイデンティティの一つでもあるので許してください😂
もし更新を待ってくれている方がいるとしたら、バイオヴィレッジやって待っていてください



既にやってるけどアクションが難しい!という方は、L1ボタンのガードを多用すればなんとかなります。
3D酔いがちょっと…という方は、オプションでカメラの揺れをOFFにしてみてください。それで私も酔わなくなりました!
ホラーゲームが苦手で…という方は……それはどうしようもできませんが😅

【PS4】BIOHAZARD VILLAGE
カプコン
2021-05-08

BIOHAZARD VILLAGE PS4版
BIOHAZARD VILLAGE PS4版




家づくりの方は、内装工事が進んでおります!
先日妻に写真を撮ってきてもらいました。
断熱材も詰め終わり、石膏ボードを貼る作業になっています。



1621405641318

キッチンカウンターです。
カウンターのこちら側には、スタディースペース用の造作カウンターが付き、手元にコンセントが設置される予定です。
コンセント部分は後からくり抜くのかな?



1621405641400

ユニットバス組み立ても今週の予定とのことでしたが、もう入ったのかな?
浴室ドアも折れ戸開き戸引き戸と種類ありますね。
どれもそれぞれメリット・デメリットあります。

現在の社宅が開き戸なのですが入っている人にぶつかるんですよね~。
これは子供を風呂に入れたり出したりするときに少しストレスなのです。
引き戸は良さそうですが、引き込むスペースが必要になります。

そこでうちはオーソドックスな折れ戸になりました。
掃除がしにくい?
考えたこともなかった!



メーカーはほっカラリ床を採用したかったのでTOTOです。
詳しい仕様は後日書きたいと思います。


一般的な浴室ドアは吸気口が下部に付いていますが、TOTOは上部に付いています。
下部の吸気口に汚れが溜まりやすいので、上部にあることで掃除が楽になるそうです。
殆ど掃除したことないけど。



でも吸気口も排気口も上部に付いていて、換気効率は問題ないのか気になりますが…そこはまぁプロが計算しているのでしょうから大丈夫でしょう笑
下から給気して上へ排気するイメージありましたけどね💡



1621405641260

外壁工事も少しずつ進んでいます。
レンガを貼るのはもう少し先なようですね。




さて前回は私がやっていたゆる~い土地探しで見ていた土地を一部紹介しました!





今回からは第二子出産のために中断していた家づくりを再開していきます!
今回はそれに向けての準備の話になります。




母に家づくり開始を宣言

第二子の出産予定は2020年夏
産後1ヶ月経ってから、と考えると家づくりの再開は9月頃になりそうです。


そこからは本格的に動いていくので、にも知らせなければなりません。
我が家は二世帯住宅を計画しているので、母抜きで家づくりをするわけにはいかないからです。






そういうわけで、妻の里帰り中に私は自分の実家へ里帰りし、春から数回見学や打ち合わせを行っている報告秋から本格的に家づくりを開始する宣言を母にすることにしました。
母からはコロナ禍だから家づくりは少し待ったら?と言われていたので、母には黙って進めていたんですよね。


なぜ母に黙ってまで家づくりを開始したのかというと、私たちには期限があるから。
2022年3月には現在の社宅を退去する決まりになっています。
あと2年で土地を探してHMを決めて、家を建てて引っ越さなければなりません。
HMによっては着工まで待たされることもあるし、あまり時間はありません。



やや緊張しながらも、しかし事後報告なので半ば開き直って母に報告すると、意外と何も言われませんでした笑
セルコホーム積水ハウスと、あとは資料請求した一条工務店地元工務店のパンフレットを見せると、逆に乗り気でした笑


現在セルコホーム積水ハウスの2社で話を進めているけれども他に気になるHM・工務店はないか、その後聞いてみましたが特にないとのことでした。

…多少は意見を出して欲しかったところですが😅



また秋からの家づくり、毎回打ち合わせなどに隣県からM県S市に来られるのかも確認しました。
もう既に高速バスも感染対策は取られており、乗る人数も多くないので大丈夫とのことでした。
まぁずっとマスクは付けていますしね。
当時はまだ地方では感染者も多くなかったとも思います。



ひとまず、特に何事もなく報告・宣言できたので一安心でした。




セルコホーム担当Aさんに連絡

母に報告・宣言したのが7月
そこから時は流れて、9月

ちなみにその間に第二子は無事生まれて、妻と子どもたちも自宅に戻ってきました。
これからは4人家族です!
独りっ子だった私にとっては未知の世界ですが、これからの生活が楽しみでしたね~😊


9月上旬、妻たちもM県S市へ戻ってきて落ち着いたところで、セルコホーム積水ハウスそれぞれの担当さんへ再度連絡を取りました。




まずはセルコホームの担当Aさんに連絡。


「お久しぶりです。第二子も生まれて、妻たちも里帰りから戻ってきたので、そろそろ家づくりを再開したいと思っております。」

Aさん「ご無沙汰しております。御誕生本当におめでとうございます。賑やかになりますね、お会いできるのを楽しみにしております!いつ頃ご都合よろしいでしょうか?」

「連休の辺りはどうでしょう?今度はようやく母も同行することになるかと思います。」

Aさん「大丈夫ですよ!現場見学会を予定しておりますのでぜひお越しください!お母様とお目にかかれるのも楽しみにしております。その際お母様からも間取りのヒアリングをさせていただければ幸いです。」



現場見学会も魅力的ですが、初めて行く母もいるのでここは杜王港展示場を見せておきたいところです✨







やはり第一印象は大事ですし、私たちが最も気に入っているデザインを見てもらいたいですからね。
そういうわけで、9月20日の日曜日に杜王港展示場を予約しました。




積水ハウス担当Sさんに連絡

同時に積水ハウスの担当Sさんに連絡。


「お久しぶりです。第二子も生まれて、妻たちも里帰りから戻ってきたので、そろそろ家づくりを再開したいと思っております。」

Sさん「お世話になります!お子様も無事ご出産なさったとのことで、大変おめでとうございます。まずは改めて展示場でお会いしてお話を頂戴できると幸いです!」

「わかりました。次はうちの母も同行することになるかと思いますので、よろしくお願いします!」

Sさん「承知いたしました!土地のエリアはその後いかがでしょうか?」


そうです。
積水ハウスで1st プランを作ってもらう時、当時気になっていた郊外の土地(エリアAとしましょう)を伝えていたのでした。


「そうですね、やはり現在住んでいる区とその隣区辺りで探していました。」

Sさん「現在の区であるエリアAや、隣区のエリアB(こちらも郊外、積水ハウスの分譲地)は候補に入りますか?いずれも山の団地ですが、近年の水害を気にされて人気があるエリアです。」

「そうですね~、最近はちょっとその辺りはやっぱり遠いかなとも思いますが、一度資料を見てから検討ですかねぇ。」


エリアAもエリアBも、通勤に30分以上かかるんです…下手したら1時間かかるかも。
首都圏の電車通勤ならあるかもしれませんが、地方で通勤1時間か…。
そういう人もいるだろうけど、やっぱり大変そうです。
朝も早いし、帰りも遅くなります。
仕事柄呼び出されることもあるので、やはりあまり遠くではない方がいいのです。
飲みに行くのも大変だし…。


Sさん「参考までに、本日入ってきた土地情報を1つお送りさせていただきます!」


その土地は隣区の住宅地の一角のようでした。
やはり積水ハウス、土地情報には強そうです。
その後も、まだ出回っていない情報が入ってきました!ということがあったりしました😲
土地を持っていない私たちにとって、その辺はかなり魅力的ではあります。



そういうわけで、積水ハウスとの打ち合わせはセルコホームとの打ち合わせの翌週、9月26日土曜日になりました。
場所は前回と同じ展示場です。




そしてもう1ヶ所…

最後にもう1ヶ所、連絡を取ったところがありました。
不動産屋さんです。


今度はこれまでとは違います。
本気(マジ)で家づくりに取り組むので、土地探しも本格的に始めます。
ネットでのゆる~い土地探しだけではなく、実際に不動産屋さんに出向いて土地を探します。



まずは手始めに、自宅近くにあったそれなりに大手の不動産に行ってみようと思いました。
そこで見つからないようなら色々と探し回るつもりでした。
ちょっと入りにくそうな個人経営の不動産屋さんにも行く覚悟はしていましたが、まず最初はホームページのある大手にしようと思いました。


なぜか?



電話ではなくホームページで来店予約が出来るからです。



コミュ障にとっては大事なところです。
以前にも書きましたが、コミュ障の私にとって電話はハードルが高いのです。
ゆっくり文面を考えながらネットで予約できる。
最高です笑



そうしてネットから来店予約をすると、担当となる営業のEさんから電話がかかってきました。
相手から電話がかかってくるのはまだいいんですけどねぇ…笑

Eさんに希望エリア(現在の区・隣区)広さ(80-100坪くらい)予算(2000万円以内)を伝えて、来店までに資料を準備してもらえることになりました。



というわけで、セルコホームの打ち合わせの前日、9月19日土曜日に予約を取りました。
一番早い日にちにしたのは、土地の候補を持ってセルコホームや積水ハウスとの打ち合わせに臨みたかったからです。
担当さんにも見てもらうことで意見をもらえますからね。
一緒に現地を見に行ってくれるかもしれませんし💡




さて、家づくり再開の準備は整いました!
次回からは実際に土地探し・打ち合わせに入っていきますよ~。
まずは9/19の不動産屋訪問ですね。



ちなみに今回から細かく日付を書いています。
本当はあまり書きたくはないのですが、ここから1日刻みで土地探しの状況が目まぐるしく動くので書いておいた方がわかりやすいと思ったためです。


何せ9月下旬に土地探しを始めて、9月中に土地が決まりましたからね…。
…というか1週間でしたね💨
なかなか土地が決まらない方もいますが、うちは一瞬でした。
それでも悔しい思いをしたり、ハラハラしたりしました。
2020年の9月10月は怒濤で濃い日々でした…。

その辺りも詳しく書いていきたいと思います。
ではまた!




最後まで読んでいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら下のボタンを押していただけると励みになります!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


Twitterもよろしくお願いします!


 




次回へ続く⇒

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ