バイオハザード好き夫婦がセルコホームで洋館を建てる

インドア趣味な夫婦の家づくりブログです。時々別なことも書きます。

カテゴリ:家づくり > HM選び

こんにちは!
セルコホームで注文住宅を建築中の梅尾家 夫です。
ようこそおいでくださいました!

初めての方はこちらからどうぞ!








現況報告

家づくりの方はレンガ工事が続いています。


-31muqu

濃い茶色のレンガなので、渋い色合いです。
塔屋が古城みたいに見えてきますね~😍
目地が入ればもっと映えてくるハズです✨



1622611594762

近くで見ると、結構色ムラがあります。
レンガは1つ1つ異なる質感に焼き上がるので、均一ではありません。
そこがまたいいですよねぇ~✨


打ち合わせ中に担当Aさんからも、どうしても色ムラが出来てしまいまして…と何度も言われました。
私たちは、そこがいいんじゃないですか~!と言っていましたが、そこに苦情を言う人がいるんですかね~…?
まぁタイルなどのように均一な質感ではないので、それが嫌な人はレンガは向かないですね💨



あとは現場で少し気になったところがあったので、現場監督さんに確認しました。
キッチンカウンターの腰壁ですね。


1621405641426

よく見ると、右側の石膏ボードが少し歪んで浮いているように見えます。
これは問題ないのか、特にが気にしていたので現場監督さんに聞いてみました。



クロス工事を施工する際に角にコーナー材を入れて調整する(正直どういうことなのか想像がつかない😅)ので、多少石膏ボードが歪んでいても問題ないとのことでした。
でも大工さんに直してもらえたそうです!


スクリーンショット 2021-06-04 000454

それがこちら。
ピッチリまっすぐになっています!
これで安心です✨
動きが早くて、直した後の写真も送ってくれるので助かります!




さて前回は実際に不動産屋さんを訪れ、候補の土地をいくつかピックアップしました。





今回はその翌日の話。
第二子出産後、久しぶりのセルコホームとの打ち合わせです。




母も連れて杜王港展示場へ

2020年9月20日の午後。
今回からはも打ち合わせに参加します。
担当Aさんからはちょうど現場見学会開催中なのでそちらを勧められましたが、初参戦の母にはやはり私たちが衝撃を受けた杜王港展示場を見てもらいたいと思いました。








早速担当Aさんに案内してもらいながら、改めて展示場を見て回ります。
やっぱり格好いいなぁ~😍
母の反応も上々です。




それから6月に出してもらった2ndプランを見ながらヒアリング開始となりました。





2ndプランはこちら。

2nd平面図①

2nd平面図②

2nd平面図③



土地も予算も度外視して作ってもらったプランなのでデカいですね😅
ようやく親世帯側の調整が出来ます。


母の要望を挙げていきます。
・まずは寝室、こんなに広くなくていいとのこと。
・キッチンは対面式を希望。
・リビングが塔屋1階部分になっており、ソファやテレビの関係が窮屈そう
・WICを除くと、収納が少なめ。



子世帯側の要望は第37話でも書いていますが、簡単に。
・寝室や子供部屋など、各居室はもっと狭くていい
・洗面所は2人並べるといい。
・浴室は1坪タイプでいい。
・スタディースペースはリビング近くの方がいい。
バルコニーは要らない。
・小屋裏もここまで広くなくていい




これらの要望を伝えて、3rdプランを作ってもらうこととなりました。
今回の打ち合わせはこれで終わりではありません
昨日不動産屋さんで出してもらった土地の書類を、担当Aさんにも見てもらいます。


この辺りで上の子がグズりだしたので、母が外に連れ出してくれました😅
こういう時は親がいるとありがたいですね。




候補の土地に対して、担当Aさんの見解は?

以前も書いたと思いますが、土地探しはHMや工務店の担当さんとする方が良いと思います。
良い土地があったと思って買ってしまった後で、希望するHM/工務店で建てるのが難しい土地だったり、そもそも新しく家を建てることの出来ない土地だったりすることもあります。
不動産屋としては極論、土地が売れればいい訳ですからね。

それを防ぐためにも、住宅のことが分かっている人と一緒に探す方が効率的です。
もしくは担当さんに土地探しをお願いするか、ですね。



そういうわけで、前日に不動産屋を訪れて挙げてもらった候補を3ヶ所ほどピックアップして、担当Aさんに見てもらいました。


①職場まで10分、新規分譲地3区画

土地イラスト5


新しく造成された3区画の分譲地です。
区画①が82坪2100万円
区画②が78坪1700万円
区画③が81坪1300万円


区画②なんか、間口広くて予算内だし良さそうな感じがしますが…💡

担当Aさん「ああ…崖の上の土地はあまりお勧めしないですね~。崩れる可能性はゼロじゃないので…。」

やはりその懸念事項…!
開口一番そこに触れるとは、やはりこのAさん…やりおる(謎の上から目線)。



なるほどなるほど。
では次!



②職場まで10分、2300万円の土地

土地イラスト4


対象はB区画です。
80坪2300万円

担当Aさん「先ほどの土地よりは良さそうですが…擁壁がどんなものかは気になりますね。古いものだと工事が必要になることもあります。」

やっぱり擁壁ですよね~。
でもまぁ、実際に見てみる価値はありそうです!



次行ってみよう!



③職場まで15分、多角形の土地

土地イラスト3


南東向きの角地ですが、道路の形の影響で多角形の変わった形をしています。
75坪1400万円

担当Aさん「ああ、ここはなかなか良さそうですよ!土地の形は多角形ですが、向きも良いし問題は少なそうです。」

おお!なかなかの好感触です。
それに土地の写真では前面道路の一部がレンガ敷きのようになっており、レンガの洋館も映えそうだということで、Aさんのテンションも上がったようでした




そういうわけで、第一候補は③の土地第二候補は②の土地ということになりました。
不動産屋の担当Eさんとも連絡をとり、早速翌日9月21日にAさんも一緒に土地見学に行くこととなりました。スケジュールの都合上、夕方になってしまいましたが。

翌日は月曜日でしたが、この週は月火が祝日だったんですよね。
火曜日は出勤日でしたが💨



こんな感じで、一気に家づくりが動き出しました!




打ち合わせ終了後…

私たちの車は5人乗りですが後部座席にはチャイルドシートが2台並んでいるので、母は現地集合現地解散です。
解散後、私たちは第一候補の土地③を見に行くことにしました。
明日見学の予定ではありますが、早く現地を見てみたかったのです。



夕方で少し薄暗かったですが、土地を見る分には十分でした。
確かに悪くない感じがします。
写真で見たとおり、南側の道路に面しているところは高低差がありますが、南東側は道路に面しており間口は12メートルほど
車を横に3台停めるには十分な間口です。


閑静な住宅街で、すぐ近くに公園があります。
気になることとしては、周囲が緩やかな坂道になっていることや近くに商業施設があるために時間帯によっては渋滞が起こることですかね…。



でも、素人目で見る限りは悪くなさそうです。
明日実際に不動産担当EさんHM担当Aさんとも話を聞きながら見学して、良ければここがいいかな~と思いました。



その夜、母に実際に見てきた土地③について話しました。
母も近くの公共交通機関とか小中学校とか調べていたようです。
でも微妙に違う学区を調べていたりして、全く当てになりません(学区については私たちも調査済み)笑
またとっくに調べていることについて、「○○は気をつけるようにね!」などと言ってくるので辟易しました💨


こんな感じで、土地探しは任せると言いながらも色々と口を出してくるので、そんなに気になるなら自分でも探してみてくれと言いました😅
その頃からちょっと揉める片鱗はありましたね💨




今回はここまで。
次回は9月21日の土地見学とその後についてちょこっと、書いていきたいと思います。
ではまた!




最後まで読んでいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら下のボタンを押していただけると励みになります!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


Twitterもよろしくお願いします!


 




次回へ続く⇒
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんは!
セルコホームで注文住宅を建築中の梅尾家 夫です。
ようこそおいでくださいました!

初めての方はこちらからどうぞ!








現況報告

先日、外勤の仕事が早めに終わったので現場に寄ってきました。
工事しているところにはまだ立ち会えていなかったので良かったです。
土曜日に行ってみても既にその週の作業は完了していたりして、空振りばかりだったんですよね~


ちなみに仕事帰りだったので差し入れは用意できませんでした。
平日に妻が行ったとき差し入れ渡してくれたようだし…いいよね

21-03-31-17-31-42-032_deco



現場に到着すると、4-5人の方が作業中でした。
車を降りて近づいていくと、不審者を見る目…笑

私「施主の梅尾です~。お世話になっております~

と挨拶をすると、笑顔を見せてくれました笑
リーダーっぽいおじさんが、現在の進行状況について説明してくれました。


今週は基礎のにもコンクリートを流し込み、さらに玄関ポーチのコンクリートが流し込まれていました。
私が行ったときは、家周囲の配管を埋め込んでいたところだったようです。
雨樋の地下配管ですね。
だんだん基礎工事も終わりに近づいてきたとのことです!


21-04-01-01-45-08-072_deco
21-04-01-01-50-26-427_deco

なんか基礎立ち上がりの側面がザラザラになってますね!(語彙力よ…)
普通のツルッとしたコンクリートの基礎より、高級感があるような気がします笑
最近の住宅の基礎ってこんな感じなのかな…?


来週からは足場を組み立てて、建て方開始だそうです。
来週中には1階の床を作成する予定とのこと…意外と早いですね!
なんか輸入木材が値上がりして入りにくくなっているとかって噂も聞きますが…大丈夫かなぁ



さて前回はFPさんに会って、ライフプランを作ってもらった話でした。





今回からはいよいよ梅尾家家づくり計画始動です。
以前のようにいきなり展示場突撃はしません
資料請求ってのをやってみます!




梅尾家家づくり計画・始動

家を建てると決めてから、早く家が欲しい!と逸る気持ちを抑えて、1年間は準備期間に費やしました。
そして2020年2月FP探しと時を同じくしてHM探しも開始することとなりました。



…だがしかし!
梅尾家家づくり計画にはいきなり暗雲がたちこめます…。




そう、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行です。


当時はマスクも不足しており、未知の部分が多かったCOVID-19。
母親からも、コロナ禍が落ち着いてから家づくりを開始した方がいいんじゃないか?と言われました。



嫌じゃ嫌じゃ!
1年も我慢したのに、これ以上待てというのか!?
いつ落ち着くか保証があるわけでもないのに?
ワクチン特効薬が出来なければいつまでも続くかもしれないのに?(当時の思いです。)


だいたい現在住んでいる社宅は、3年の期限付き。
そろそろ動き出さなければ、期限に間に合いません。
そうなると余計な家賃引っ越し代金がかかってしまうし、何より面倒くさい
それだけは避けたいところです。


そういうわけで、少し落ち着くまで待ちなさい!という母親には黙って、動き出すこととしました笑
とはいえ、私だってCOVID-19は怖いです。
我が家には小さな子供妊婦(当時)がいるので、余計に怖ろしかったです。
闇雲に動き回って、どこかでウイルスをもらってくることになったら大変です。



そこで!(織田裕二風に)



検討しているHM・工務店への資料請求です。
もともと本やブログを読んで、展示場に飛び込みで行くとその時空いている営業さんが担当になるということを知り、展示場の予約資料請求の方が、同じ営業さんガチャでもしっかりした人に当たる確率は高まるのではないかと考えていました。


一番いいのは、家を建てた知り合いがいて、その担当さんが良ければ紹介してもらうという方法です。
しかしそんな知り合いもなかなかいないし、わざわざ紹介してもらって断ることになったら気まずいし…。


そのようなことから、資料請求をしてみることにしました。




実際にやってみた

それでは資料請求、実際にやってみた
よく広告で一括請求が便利!とか出てきますが、私はやりませんでした。
引っ越しの見積もり一括請求サイトに申し込んだら、電話攻撃が凄いことになったので…。
パンダマークの引っ越し業者なんて、23時に電話かけてきたからなぁ

いや正確に言えば、よくわからないからとりあえず片っ端からHM・工務店に資料請求をしてみる!ということは行いませんでした。
そんなことをすれば、そんなに興味のないHM・工務店からも営業の連絡やDMがひっきりなしに来るようになります。


それと上にも書いたように、資料請求した時点で担当の営業さんは決まってしまいます。
展示場飛び込みよりは、しっかり要望を書いて資料請求することである程度いい営業さんに当たる可能性は高くなりますが、運の要素が絡むことは変わりませんので要注意です。



私はこれまでの準備期間の間で目星を付けたHM・工務店、5社に資料請求をすることにしました。
SUUMOのサイトから請求したので、一括請求サイトの一種みたいなもんかもしれませんが笑
SUUMOの場合、1社につき3つまでのカタログ請求でした。
その制限が嫌だったら、直接会社に問い合わせるのがいいと思います。



その5社とは?

①積水ハウス
その頃には鉄骨よりも木造に興味が出ていたので、シャーウッドの資料を請求しました。
正直なところデザインは好みではないのですが、大手HMなら洋風にもできるのではないかと思いました。
また以前地元で住宅展示場に行ったときに、二世帯住宅防音室収納計画についてのパンフレットをもらったこともあって改めて検討してみようと思ったのです。



②一条工務店
キャッチコピーでも言っているように、性能重視のHMです。
最近はシンプルモダンなタイプの住宅がメインなようですが、洋風の住宅はちょっと気になります。



③セルコホーム
やはりあの衝撃は忘れられません笑
「洋風」というか輸入住宅ですから、もはや「洋」です。
早速詳しく話を聞いてみたい!この時を待っていた!
HMの中では一番の有力候補です。



④T建設(地元工務店)
SUUMOの雑誌「注文住宅 ○○で建てる」で見つけた地元工務店です。
地元工務店なので名称は伏せておきます。
2棟あるモデルハウスが両方ともプロヴァンス風であり、「注文住宅」に載ってた他の実例も洋風のものが多かったので、洋風の住宅が得意なのかなと思いました。
地元工務店では一番の有力候補でした。



⑤D住宅(地元工務店)
こちらもT建設と同じく「注文住宅」で見つけました。
この工務店は洋風も含めて色々なデザインが出来るようでした。
また太陽光などの省エネに力を入れているようでした。



この5社に資料請求しました。
今考えると、洋風住宅を希望しているなら三井ホームとか他の輸入住宅メーカーとか資料請求すればよかった…とも思います。
実際、三井ホームはその後余裕があったら展示場予約して行ってみようか~と妻とも話していたのですが…。


余裕なかったんですね!!


数社並行で打ち合わせしていくのに、そこに新たに候補を追加するなんて余裕は、我が家にはなかった!
少々心残りではありますが、まぁ結局セルコホーム初見時の衝撃に勝てるかどうかって話になってくるんですよね~。


さて話を戻します。
資料請求の結果はどうだったのか!?




結果発表!!

①積水ハウス
割と早いうちにカタログが届きました。
その後担当となった営業さんから電話連絡があり、さらに資料を送りますとのこと。
届いた資料にはイベントの資料などが。

担当Sさんの名刺もあり、年齢的には中堅辺りの40歳前後でしょうか。
肩書き的には管理職のようでした。
これは良い営業さんではないでしょうか?管理職だと色々と決める権利もあると思われるので、交渉もしやすそうです。
積水ハウスは、この後展示場を見学しに行くことになりました。




②一条工務店
こちらも2月中に届いたのでなかなか早い対応でした。
でもねぇ~…。



名前を間違えて書いてあったんですよ…。


全く違う名前が書いてありました。
本当は「梅尾 ○○様」ってところが「加藤 清澄様」って書いてあるような感じです。
これはもう…なんというか…萎えてしまいますよね。
そんな初歩的なところミスるようなHMに家づくりを任せたくないですもん…。

職場に一条工務店で建てた先輩がいたので話を聞いてみましたが、一条工務店もフランチャイズ制だそうで。
私が資料請求したところは一条工務店M、先輩が建てたところは一条工務店S
結構その店舗によって違うそうなんです。
そちらならあるいは…とも思いましたが、結局そちらも訪れることはありませんでした。


やはり名前を間違われた1st impressionは覆せませんでした…。たとえ違うフランチャイズでもね。
それに最近の一条工務店の流れは、i-smarti-cubeなどのモダン寄りです。
洋風だったセゾンの後継モデルも、モダン寄りのグランセゾンとなりました。
私たちの好みとは違う方向性です。
そういうわけで、一条工務店はここでフェードアウトとなったのです。



③セルコホーム
ある日、17時過ぎの仕事が終わってすぐの時。
知らない番号から電話が来たので、誰だろう…?と思いながら出ました。



??「あ、梅尾様ですか?私セルコホーム営業のAと申します。資料請求いただきありがとうございます!」
「あ…ああ、どうも。」

担当Aさんたまたまご自宅の近くまで来ておりましたので、直接資料をお渡ししたいと思いましてお電話いたしました。」
「あ、そうなんですか…。でもまだ職場なんですよね~。」

担当Aさん「ああ、そうでしたか!失礼いたしました。それでは資料の方はポストに入れておきます。ぜひ今後ともよろしくお願い申し上げます!」
「はぁ、よろしくお願いします。」



正直、コミュ障な私はちょっと面食らってしまったのですが…笑
最初から自宅訪問してくるか…まぁ積極的な方なんだなぁ。と複雑な心境でした笑


資料にはセルコホームのカタログと実例集が入っていました。
そして営業担当Aさんの自己紹介の紙が。

おお…年下か~。
漫画が趣味なのは話が合いそうだ笑
そして最近、自宅をセルコホームで建てたとのこと。
それなら実体験の話も聞けるかな~。
でも若いな~、大丈夫かな…とさらに複雑な心境となりました笑



ここで断っておきますが。
家づくり体験談ブログということで、正直に当時の心境を記しております。
今ならわかります。この時に限っては1st impressionは間違いだったと。


初動の早さは、そのまま対応の早さでした。
こちらが気になることがあってLINEで聞いたときも、すぐに返信をくれます。
わからないことがあっても、一旦持ち帰って確認してから次回打ち合わせでしっかり教えてくれました。

契約後も、変わらない態度で接してくれましたし、対応の早さも変わらずでした。
結構大きい地震があったときも、翌朝に現場に行って様子を見てくれるほどでした。
まだ大して工事が入っていないのに、ですよ!
だからこの営業担当Aさんは、(非常に上から目線な物言いで申し訳ありませんが)当たりの営業さんでした。


担当Aさんにはブログのこともお話ししているので、もしかしたら見ているかもしれませんが…。
そういうわけで、勘弁してください
今では非常に感謝しております。またこれからもよろしくお願いしますね。



④T建設
ここはなかなか資料が届きませんでした
2週間ほどしても届かなかったので、再度問い合わせをしてようやく届きました。
まぁ…小規模な工務店なようですので、仕方ないかもしれません。
こちらも後日、展示場見学を申し込みました。



⑤D住宅
こちらは地元工務店の割にはしっかりした資料が、比較的早期に届きました。
その資料の中には社長自ら著した本が入っていました。
そこでちょっと面食らったところはあります。

その後、何度か担当営業さんから展示場見学や完成見学会の誘いを受けましたがスケジュールが合わず
展示場として社長の家も公開しているということもあり、なんだか面食らっているうちにフェードアウトしていきました




こんな感じでした。
いや~、自分の1st impressionもあまり当てになりませんね!笑
こうして資料請求した結果、この後は3社の展示場を見学しに行くことになりました。
さぁ、どこのHM・工務店になるのか!?笑
次回からは展示場見学に行った話をしていきます。
ではまた!




最後まで読んでいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら下のボタンを押していただけると励みになります!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


Twitterもよろしくお願いします!


 




次回へ続く⇒
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ